icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

作: 石井睦美

絵: 黒井健

受賞歴:

  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2006)
  • 日本子どもの本研究会選定図書(2006)
対象年齢 小学校低学年から
ジャンル 読み物 > 日本の読み物
サイズ(判型) 22cm×16cm
ページ数 138
ISBN 978-4-03-345270-8
NDC 913
発売日 2005年12月

定価: 1,080

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

小さいけれどおしゃまでおしゃれなおんなのこ、すみれちゃんに妹ができました。姉妹の毎日をユーモラスに描く傑作連作童話。

著者紹介

石井睦美

1957年神奈川県に生まれる。フェリス女学院大学文学部卒業。1986年『五月のはじめ、日曜日の朝』で新美南吉児童文学賞受賞。2011年『皿と紙ひこうき』で日本児童文学者協会賞を受賞。作品に『パパはすてきな男のおばさん』 『卵と小麦粉とそれからマドレーヌ』『レモンドロップス』「わたしはすみれ」シリーズ、訳書に『ジャックのあたらしいヨット』、絵本に『あそびましょ』(絵こみねゆら)等多数。

この著者の書籍一覧を見る

黒井健

1947年新潟県に生まれる。新潟大学教育学部中等美術科卒業。出版社勤務を経てイラストレーターとなる。主な絵本作品に『ごんぎつね』『手ぶくろ を買いに』『ミシシッピ』『雲の信号』『雲へ』『おかあさんの目』『かぜのひのころわん』など多数。 2003年に山梨県清里に「黒井健絵本ハウス」を開設。

この著者の書籍一覧を見る

著者より

★刊行時に寄せられたメッセージです

そのころ住んでいた家のうしろどなりの家に、ある春の日、ちいさな女の子のいる一家が引っ越してきました。その日からです。女の子の家の窓もやはり開け放たれているからでしょう、お天気のいい日には、女の子のおかあさんを呼ぶ元気な声やたのしそうな笑い声、とってもごきげんな歌声なんかが、開け放したわたしの部屋の窓からはいってくるようになりました。時には、泣き声やごきげんななめの声も聞こえてきました。

わたしはその子をひそかにすみれちゃんと呼んでいました。なんといっても、その子はうららかな春の日にやってきたわけですから。と、いっても、わたしはその子を直接知っているわけではありません。わたしにとっては声だけの女の子です。

声だけしか知らないすみれちゃんは、わたしのなかで、日に日にはっきりとした輪郭をもつようになり、いつのまにか、いろいろなことを話してくれるようになりました。すみれちゃんのパパやママのこと、その日にあったできごとなんかを、すみれちゃんは、それはじょうずに話してくれたのです。

もうじきおねえさんになるのだと打ち明けてくれたとき、すみれちゃんはうれしそうなのに、ちょっとだけかなしそうでした。

「ねえ、あなたのこと、お話に書いてもいい?」と、わたしは聞きました。
「ええ、いいわよ」と、すみれちゃんは言いました。
それで、このお話がうまれたのです。(石井睦美)

すみれちゃん
すみれちゃん