icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

テツコ・プー

ふうせんになったおんなのこ

テツコ・プー

画像を拡大する

テツコ・プー

ふうせんになったおんなのこ

対象年齢 4歳から
ジャンル 絵本 > 日本の絵本
サイズ(判型) 24cm×20cm
ページ数 32ページ
ISBN 978-4-03-332970-3
NDC 913
発売日 2020年1月

定価:本体価格 1,400円+税

【偕成社在庫:なし】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

いつも、きげんがわるいので
テツコ・プーってよばれている女の子。
朝はとくべつにきげんがわるくて
弟にやつあたりして、おかあさんに怒られ、
ますますプーっとしていたら、
おやおやなんと
からだがふくらんで、
風船みたいに空に
飛んでいってしまいました。
テツコプーは、お家に帰れるのでしょうか?

著者紹介

児島なおみ

神奈川県葉山町に生まれる。米国Rhodes College卒業。絵本『空とぶおばあさん』でAmerican Institute of Graphic Arts絵本部門賞受賞。そのほかの絵本に『どろぼう夫婦』『うたうしじみ』『クリスマスソングブック』『アンドレのぼうし』『聖マグダレナ・ソフィア・バラ』、翻訳に『伝説の編集者ノードストロムの手紙』、さし絵に『少女ポリアンナ』『とび丸竜の案内人』『大おばさんの不思議なレシピ』『ドードー鳥の小間使い』『バク夢姫のご学友』等がある。

この著者の書籍一覧を見る

編集者より

『うたうしじみ』『クリスマスソングブック』『アルファベット絵本』『聖マグダレナソフィアバラ』など、寡作ながら、宝物にしたいような美しい絵本をつくり続けている絵本作家、児島なおみさんは、内外の絵本に造詣が深く、自身、絵本コレクターです。1960年台のアメリカで活躍した児童書編集者の手紙をまとめた『伝説の編集者ノードストロムの伝記』まで翻訳されるほどの絵本好き。その児島なおみさんが、ちょっと気むずかしい女の子のお話を描きあげました。いつもきげんがわるいので『テツコ・プー』ってよばれている女の子てっちゃんの冒険のお話です。

テツコ・プー
テツコ・プー