icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

おおいなるだいずいちぞく

おおいなるだいずいちぞく

画像を拡大する

おおいなるだいずいちぞく

作・絵: はしもとえつよ

対象年齢 5歳から
ジャンル 絵本 > 日本の絵本
サイズ(判型) 27cm×22cm
ページ数 32ページ
ISBN 978-4-03-332930-7
NDC 726
発売日 2019年6月

定価: 1,620

【偕成社在庫:なし】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

ある春の日。畑のなかから、声がきこえてきました。そこにいたのは、だいずいちぞくの若き王子とじいやです。
「われらの ちからを はやく みせつけて やりたいよ!」
「おうじ、たのもしゅうございます!」
おおいなる だいずいちぞくの 大活躍がはじまります!

王子とじいやを中心に、大豆たちが成長し、姿を変えておいしい食べものになるまでを、コメディタッチで描きます。大豆だけがすごい豆なのだ、と信じきっていた王子は、豆界のマドンナ、あずきちゃんに出会い、自分の底の浅さをしり、世界中の豆に出会う旅に出かけるのでした……。
楽しく笑いながら読めて、日本人の生活に大きくかかわりのある食材、大豆についてもしっかりまなべる絵本です。
本文中には、大豆がどのようにすがたをかえて豆腐やみそ、しょうゆ、厚揚げなどになるかを詳しく説明したページがあるほか、じいやの秘密の本には大豆の秘密がいっぱいつまっています!

著者紹介

はしもとえつよ

北九州生まれ。独学で絵を描く。「おにたくん やまのぼりだよ」で小学館第14回おひさま大賞絵本部門最優秀賞受賞。絵本の作品に『おにたくんの おにぎり』(おはなしチャイルド2018年10月号)、さし絵の作品に『三島由宇、当選確実!』、『となりの猫又ジュリ』がある。

この著者の書籍一覧を見る

おおいなるだいずいちぞく
おおいなるだいずいちぞく