icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

まなちゃんはおおかみ

まなちゃんはおおかみ

画像を拡大する

まなちゃんはおおかみ

対象年齢 4歳から
ジャンル 絵本 > 日本の絵本
サイズ(判型) 24cm×23cm
ページ数 32ページ
ISBN 978-4-03-332770-9
NDC 726
発売日 2020年6月

定価:本体価格 1,200円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

もうすぐおゆうぎ会。すみれ組は、『おおかみと7ひきのこやぎ』の劇をすることになりました。あかね先生から、ひとりずつ役が発表されて、背の高いまなちゃんは、おおかみ役をすることになりました。

いっぽう、からだのちいさなかいくんは、強くてかっこいいおおかみ役がやりたくてたまりません。
「えー! ぼくがおおかみやりたい!」

ところが、何回練習しても、まなちゃんはだまったまま。かいくんがやきもきしているうちに、とうとう本番の前の日がやってきます。とびきりすてきな衣装を着て、みんなうきうき舞台にあがりますが……「あれ、まなちゃんがいない!」

正反対なふたりの、まっすぐな思いがぶつかって……。子どもたちの「ちがい」が「おなじ」にかわる瞬間を色彩ゆたかに描く、おゆうぎ会の絵本です。

著者紹介

種村有希子

1983年、北海道釧路市生まれ。多摩美術大学絵画学科卒業。2012年、第34回講談社絵本新人賞を受賞。受賞作である『きいのいえで』で、絵本作家としてデビューする。主な作品に『キノキノとポキのふしぎなみ』(双子の姉、種村安希子との共作)、『あのこのたからもの』、『きょう、おともだちができたの』など。東京都在住。

この著者の書籍一覧を見る

まなちゃんはおおかみ
まなちゃんはおおかみ