icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

のっぽのスイブル155

のっぽのスイブル155

画像を拡大する

のっぽのスイブル155

受賞歴:

  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2016)
対象年齢 3歳から
ジャンル 絵本 > 日本の絵本
サイズ(判型) 27cm×19cm
ページ数 32
ISBN 978-4-03-332500-2
NDC 726
発売日 2016年1月

定価:本体価格 1,400円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

「そうだ! ぼくは こんなところでも こうじが できるんだ!」
東日本大震災をきっかけに息をふきかえした
あるブルドーザーのものがたり

2011年3月11日の地震による大津波でこわされてしまった、日本の港や橋。建設機械の会社の人たちは「いまこそあいつの出番だ!」と思い、1台の水陸両用ブルドーザー「D155W」(スイブル)の修理を思いたちます。すでに活躍の場もへり、ボロボロになっていたスイブルでしたが、14か月にもおよぶ大修理をへて、2012年冬、ほぼ新品となってよみがえります。こうして忘れられていた1台のブルドーザーは、ふたたび海や川で活躍することとなったのです。

著者紹介

こもりまこと

1948年京都生まれ。大阪デザイナー学院卒。子どものときから紙とエンピツを持たせると自動車を描いていた。手がけた絵本は「バルンくん」シリーズ、『はたらくくるま みちをつくる』『ダットさん』、『はやいぞぶんぶん』『このおとだれだ』など、すべて自動車に関するもの。 http://www.komori-illust.net

この著者の書籍一覧を見る

編集者より

2012年1月のある日、ラジオで宮城県名取市で震災復興に水陸両用ブルドーザーが活躍中、というニュースを耳にしました。建機会社のコマツが、古くなっていた1台をほぼ完全レストアして、震災工事の役立てている、というものです。胸を熱くしながら、すぐに小森誠さんに「絵本にしましょう!」と、ご連絡をさしあげたところ「とても気になっていたところです」とのお返事。小森さんは「バルンくん」シリーズをはじめ、たいへん親しみのある車の絵本をたくさん描いていらっしゃいます。小森さんは、じっさいの工事現場や、コマツさんの大阪工場にも足を運び、また何百枚という写真資料も参考にしながら、今回の作品を仕上げて下さいました。いまもこのブルドーザーは、日本の海や川の工事現場で活躍中です。

のっぽのスイブル155
のっぽのスイブル155