icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

まいごのきたかぜ

まいごのきたかぜ

画像を拡大する

まいごのきたかぜ

作・絵: ちばみなこ

受賞歴:

  • 日本図書館協会選定図書(2010)
対象年齢 4歳から
ジャンル 絵本 > 日本の絵本
サイズ(判型) 27cm×21cm
ページ数 32
ISBN 978-4-03-331790-8
NDC 726
発売日 2010年1月

定価:本体価格 1,000円+税

【偕成社在庫:なし】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

冬の終わりに帰りそびれてしまった北風の子。次の冬までハナのうちで待つことになり、女の子と風の風変わりな毎日が始まります。

著者紹介

ちばみなこ

1972年埼玉生まれ。東京芸術大学大学院美術研究科修了。2006年、ニッサン童話と絵本のグランプリ・絵本部門大賞受賞。著書に『まいごのきたかぜ』『ハルとカミナリ』『ポムとナナ はちみつのたね』\"Sumikos Wunsch\"" など。フランス、スペインでも作品が出版されている。

"

この著者の書籍一覧を見る

著者より

★刊行時に寄せられたメッセージです

今年も北風の季節がやって来ました。
わが家は風の通り道にあるので、北風がびゅうーびゅうー飛びまわっています。
毎年やってきては、「ひさしぶり、今年も来たよ~」というように小さないたずらで教えてくれます。

私が窓辺で絵を描いていると、コン……コン……コツ……コツ……
「顔あげてよ、こっち見てよ」というように、小さな小枝を窓に何度もぶけてあいさつしてきます。
手がはなせなくて無視していると、へそをまげてバケツを飛ばしたりします。
ある年は、ビニールハウスのビニールをつむじ風でぐるぐると空高く踊らせて、畑のおじさんをびっくりさせていました。
また、ある年はクマの風船が気にいったらしく、窓のすき間から入って来てしばらく一緒に遊んだあと、ドアが開いたすきに空へ連れて行ってしまいました。
どこでもらって来たのか、バスタオルや片方だけの靴下をプレゼント? してくれる年もありました。

いつしか、私はわが家にやってくる北風が大好きになり、ヒュルルンと名前をつけて楽しみに待つようになりました。
北風の強い日には、じっと目をこらして空を見上げてみてください。
あなたの近くにもヒュルルンが遊びに来ているはずです。

ちば みなこ

まいごのきたかぜ
まいごのきたかぜ