icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

うみのいえのなつやすみ

うみのいえのなつやすみ

画像を拡大する

うみのいえのなつやすみ

作: 青山友美

受賞歴:

  • 社会保障審議会推薦文化財(2008)
  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2008)
  • 日本図書館協会選定図書(2008)
対象年齢 4歳から
ジャンル 絵本 > 日本の絵本
サイズ(判型) 26cm×22cm
ページ数 32
ISBN 978-4-03-331550-8
NDC 726
発売日 2008年6月

定価: 1,080

【偕成社在庫:なし】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

夏休みの最初の日、なっちゃんは、いとこのゆうくんのところに遊びにいきました。ゆうくんの家族は、海の家をやっています。

著者紹介

青山友美

1974年兵庫県神戸市垂水に生まれる。大阪デザイナー専門学校編集デザイン科絵本コース卒業。四日市メリーゴーランド主催の絵本塾で学ぶ。絵本作品に『ナシの絵本』『うどんの絵本』、狂言えほん『しどうほうがく』、紙芝居作品に『へんしんおでん』がある。文章と絵をともに手がけた初めての絵本作品に『うみのいえのなつやすみ』がある。神奈川県在住。

この著者の書籍一覧を見る

著者より

★刊行時に寄せられたメッセージです

夏の海はいつもの海とちょっと違う。いや、かなり違う。
今までなーんにもなかった砂浜に突如、小屋が建ち、のぼりがはためき、色とりどりのパラソルが立ち並ぶ。おまけにその小屋からは食欲をそそるいい匂い。そうです、夏の海には〈うみのいえ〉があるんです。
私は子どもの頃、よく〈うみのいえ〉でお昼ごはんを食べました。子どもの口にはちょっとつらいカレーライスの辛さ。海水で塩辛くなった口の中にひろがるカキ氷の甘さ。冷えた体に染みわたるラーメンやおでんの温かさ。〈うみのいえ〉で食べるごはんは、いつもより何倍もおいしく感じられました。
そんな〈うみのいえ〉をモチーフとした〈海の絵本〉ができました。

この『うみのいえのなつやすみ』を作るきっかけになったのが海をテーマとした私の個展でした。海のそばで育ち、今も海のそばで暮らしている私には海は身近なもの。いくら描いても尽きないモチーフでもあります。
その個展に足を運んで下さった編集の広松さんと「海の絵本を作りたいねえ」と話を始めたのが約半年前。個展で描いた絵を見ながらどういうお話にするか考えました。海へと抜ける路地、波打ち際で見えかくれする貝殻、浜辺でしか咲かない草花、空模様で変化する海の色……。絵本の中に詰め込みたい今まで見てきた海の景色たち。そんなバラバラの景色たちを〈うみのいえ〉が上手にまとめてくれました。私も今まで描いてきた海の絵が、絵本という形になってうれしいです。

今年の夏はぜひ、海へ遊びに行ってみませんか? お昼ごはんはもちろん〈うみのいえ〉で。このおいしさは一流レストランでは体験できません。やっぱり〈うみのいえ〉じゃなきゃ。(青山友美)

関連記事

うみのいえのなつやすみ
うみのいえのなつやすみ