icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

なつのいちにち

画像を拡大する

なつのいちにち

対象年齢 3歳から
ジャンル 絵本 > 日本の絵本
サイズ(判型) 26cm×22cm
ページ数 32
ISBN 978-4-03-331340-5
NDC 726
発売日 2004年7月

定価: 1,080

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

暑い暑い夏の日。クワガタムシのいる山をめざしてぼくは走った。まっ白な日ざし、青い草のにおい。ページの中からあふれだす夏!

著者紹介

はたこうしろう

1963年兵庫県西宮市に生まれる。絵本やイラストレーション、デザインなどの世界で活躍している。絵本のおもな作品に『しりとりあいうえお』『なつのいちにち』、「クーとマーのおぼえるえほん」シリーズ、『ゆらゆらばしのうえで』『雪のかえりみち』『三つのお願い』『ちいさくなったパパ』、「ショコラちゃん」シリーズなどがある。

この著者の書籍一覧を見る

著者より

★刊行時に寄せられたメッセージです

 夏の本が出来ました。この本はボクの頭と体の中にある夏のイメージをギューッと絞って落ちた雫の形です。この本は「夏」に送ったラブレターです。

 夏の終わりには飽き飽きしたスイカも、冬に思い出すとたまらなく食べたくなるでしょう。ボクはそんなとき、夏が恋しくてたまらなくなることがあります。思い出すのはいつも少年時代の夏。田圃や畦や水路の小川で遊んだ人生の黄金期。あの夏を想うと今でもドキドキと胸が躍ります。この本を描いたのは、まだ肌寒い季節。まるで遠い夏に恋する気持ちで描きました。だからラブレターなんです。

 あと、この本には少ししか文章がありません。あっという間に読めてしまいます。でも、絵と物語をゆっくり追うことで、それぞれの人が知っている「夏の音」や「夏の匂い」、「夏の空気」を感じてもらえたらいいなと思います。

 ボクが子どもたちとこの本を見るときには、文章にはない音を声に出したり、匂いや湿度や手に触れた感じなんかを物語といっしょに話してみたいです。実は読み聞かせをするときは、読み手が絵を見て感じたことをどんどん勝手に継ぎ足して文章を作ってもらっても面白いと思っています。効果音も入れて「外はお日さまがカーッ!うるさいぐらいのセミの声がシャーンシャーンシャーンシャーン!道路がひかって眩しいぐらいです」とか「森に入ると空気がヒヤーっとして、さっきまでの汗でボトボトに濡れたシャツが冷たく感じました。一寸元気がでてきたぞ。とぉーりゃー!」なんてね。そうすればそれぞれの夏のイメージの本が出来るでしょう。

 絵を見た人の耳や鼻まで刺激する。そんな絵本になってたらうれしいです。四年も待ってくれた編集の広松さんに感謝です。(はたこうしろう)

読者のおたより

絵の中に入ってほんとうの夏を感じることができてすごい絵本だなあと思いました。アニメやゲームのように動くのでもなく音もしないのに。夏のにおいまでしてくるのです。(愛読者はがきより)

関連書籍