icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

フランソワーズのえほん

ありがとうのえほん

受賞歴:

  • 日本子どもの本研究会選定図書(2005)
  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2006)
  • 日本図書館協会選定図書(2005)
対象年齢 3歳から
ジャンル 絵本 > 外国の絵本
サイズ(判型) 25cm×20cm
ページ数 32
ISBN 978-4-03-327950-3
NDC 726
発売日 2005年10月

定価:本体価格 1,200円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

にわとり、めんどり、おひさま、おうち……。私の世界を支えてくれるたくさんのものを、感謝の気持ちをこめて、温かく描き出す。

著者紹介

フランソワーズ・セニョーボ

1897年フランス生まれ。幼い頃から、絵をかくのが好きで、美術学校に学び、パリの児童図書出版社に勤めた後、アメリカに留学。アメリカで数多くの絵本を刊行し、南フランスの農場での暮らしをもとにした『まりーちゃんとひつじ』『まりーちゃんとくりすます』『まりーちゃんとおおあめ』などの〈まりーちゃん〉シリーズで人気を博す。他にも『みみちゃんとヤギのビケット』『ロバの子シュシュ』などの物語絵本を作り、1961年没。

この著者の書籍一覧を見る

なかがわちひろ

1958年生まれ。東京芸術大学卒業。児童書を中心に翻訳者として活躍するとともに、作家・画家として絵本や童話作品を手がけている。『かりんちゃんと十五人のおひなさま』で野間児童文芸賞、『天使のかいかた』で日本絵本賞読者賞、『どうぶつがすき』で日本絵本賞翻訳絵本賞を受賞。文章を書いた絵本に『おたすけこびと』、作絵の絵本や童話に『のはらひめ』『きょうりゅうのたまご』、翻訳絵本に『ちいさなあなたへ』「せかいでいちばんつよい国」などがある。

この著者の書籍一覧を見る

編集者より

★刊行時のメッセージです

明るい黄色にピンク、きれいな水色にくすんだ赤。おいしそうなキャンディー・カラーで彩られた絵。動物や登場人物たちのクッキー型のような丸みをおびたやさしいシルエット。アメリカで1950年代に活躍したフランソワーズの絵本は、食べちゃいたいくらいかわいくて、手に取るだけで、幸せな気分に包まれます。1956年に『まりー ちゃんとひつじ』(岩波書店)が日本に翻訳、紹介されてから、ほぼ50年。今なお、読みつがれ、最近はまりーちゃん以外のお話絵本も翻訳されています。アメリカでは最近になって、まりーちゃんシリーズが全巻、復刻されるなど、フランソワーズの再評価が高まっているようです。

フランスに生まれ育ったフランソワーズは、パリで子どもの本の編集の仕事をしたり、何冊が絵本をつくったりしたあと、アメリカに仕事の拠点を移します。そのときのアメリカは、さまざまな作家が活躍し、絵本の刊行点数も多く、後に<アメリカ絵本の黄金期>を呼ばれる時代でありました。その中でつぎつぎと出版される人気作家になってからも、夏はフランスの農場ですごし、まりーちゃんのような田舎暮しを楽しんでいたそうです。素朴でシンプルなお話は、作家の手放したくない大切な暮しを描いたものだったのですね。

この度刊行した『ありがとうのえほん』『わたしのすきなもの』『おおきくなったらなにになる?』は、フランソワーズの描いたたくさんの絵本の中でも、特別なもので、読者である子どもたちに直接語りかけるスタイルが新鮮です。ページをめくりながら、大切なもの、すきなもの、なりたい夢を思い描き、おはなしできたら、なんてたのしいことでしょう。古いものですから、時代の違い、文化の違いを感じさせるページもあります。でも、いろいろと心塞がれるような出来事の多い現代だからこそ、私たちの暮らす世界は、こんなにもあたたかく、すてきなものがいっぱいあるのだ、と子どもたちに伝えたくて、この3冊を紹介しました。どうぞ、一緒に絵本をひらいて、ゆったりとした時間をお過ごしください。

ありがとうのえほん
ありがとうのえほん