icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

ふしぎなお人形ミラベル

ふしぎなお人形ミラベル

画像を拡大する

ふしぎなお人形ミラベル

受賞歴:

  • 日本子どもの本研究会選定図書(2005)
  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2005)
  • 日本図書館協会選定図書(2005)
対象年齢 5歳から
ジャンル 絵本 > 外国の絵本
サイズ(判型) 27cm×22cm
ページ数 25
ISBN 978-4-03-327930-5
NDC 949
発売日 2005年6月

定価:本体価格 1,200円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

ブリッタ・カイサという女の子が見知らぬおじいさんから種をもらいました。少女とお人形ミラベルとの出会いを描くふしぎなお話。

著者紹介

ピア・リンデンバウム

1966年スウェーデンに生まれる。初めての絵本『エルセ・マリーと小さなパパたち』(未訳)が7カ国で翻訳出版されるヒット作となり、以後多くの創作絵本やさし絵をてがける。ドイツ児童文学賞を受賞するなど、各国で評価が高い。日本では『名犬ボーディル』『ふしぎなお人形ミラベル』が紹介されている。

この著者の書籍一覧を見る

武井典子

1946年、神奈川県に生まれる。東京大学文学部仏文学科卒業。1970年にスウェーデンに渡り、現在、ヨーテボリ大学文学部アジア・アフリカ語学部日本語学科教授。おもな訳書に『ふしぎなお人形 ミラベル』等。

この著者の書籍一覧を見る

著者より

★刊行時に寄せられたメッセージです

アストリッド=リンドグレーンの作品は世界中の言葉に翻訳されていて、今日でもスウェーデンを代表する最もよく知られた文化人、作家です。
私が35年前にスウェーデンに住むようになったときスウェーデン語の勉強のためこどもの本を読んだものです。そのころリンドグレーンの長靴下のピッピも読みました。それから数年後娘が生まれてからは、ねる前によくリンドグレーンのお話を読んで聞かせました。リンドグレーンが自分の作品をふきこんでいるテープも何度も聞きました。彼女の特徴のある声と南のスモーランド方言はいまでもなつかしく耳からはなれません。ピッピやロッタ、エミールやカールソンは映画や劇にもなり、特にピッピの劇はロングランで今も上演されていますが忘れられないシーンがいろいろあります。
スウェーデンのこどもたちはリンドグレーンの物語とともに成長してきましたが、私と娘にとってもリンドグレーンのお話のなかのこどもたちは生活の一部だったといえます。最近のテレビのこども番組は日本からの輸入マンガが独占していますが、それでもリンドグレーンの作品はいまでもスウェーデン文化を代表するものとして生き続けていると思います。(武井典子)

ふしぎなお人形ミラベル
ふしぎなお人形ミラベル