icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

ぼくのだいじなあおいふね

ぼくのだいじなあおいふね

画像を拡大する

ぼくのだいじなあおいふね

対象年齢 4歳から
ジャンル 絵本 > 障がい者を理解する絵本
サイズ(判型) 25cm×18cm
ページ数 23
ISBN 978-4-03-327330-3
NDC -
発売日 1986年11月

定価:本体価格 1,200円+税

【偕成社在庫:なし】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

耳の悪いベンは、口の動きを見て言葉を理解します。難聴児の日常と心の内を、明快な文と明るい色調の絵でわかりやすく描きます。

著者紹介

ピーター・ジョーンズ

1937年、イギリスのニューカッスル・アポン・タイン生まれ。ニューカッスル医学校を卒業。小児病、成人病、血液学を専攻。慢性病の子どもとその家庭のケースワークをしながら、慢性病患者の教育と社会への適応の研究を続ける。

この著者の書籍一覧を見る

ディック・ブルーナ

1927年、オランダのユトレヒト生まれ。独学でデザインの勉強をし、16歳で初めて本の装幀を担当。26歳で結婚。三児の親となり、自分の子どものために絵本の創作を始める。「ちいさいうさこちゃん」シリーズで、世界中に幼児のファンをもつ人気作家となる。

この著者の書籍一覧を見る

なかがわけんぞう

1928年、大阪市に生まれる。出版社勤務、児童書専門店の運営を経て、子どもの本の企画・普及の仕事に携わる。日本児童文学者協会会員。著書に『これからの保育教室・Ⅱ』、絵本の訳に『おかえりなさいスポッティ』『うさぎのくに』『かくれんぼぞうさん』等がある。

この著者の書籍一覧を見る

ぼくのだいじなあおいふね
ぼくのだいじなあおいふね