icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

すてきな三にんぐみ

すてきな三にんぐみ

画像を拡大する

すてきな三にんぐみ

対象年齢 3歳から
ジャンル 絵本 > 外国の絵本
サイズ(判型) 30cm×22cm
ページ数 38
ISBN 978-4-03-327020-3
NDC 933
発売日 1969年12月

定価: 1,296

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

宝集めに夢中だった、黒マントに黒帽子の3人組の大盗賊。ひょんなことから孤児たちを集め、すてきなお城をプレゼントしました。

著者紹介

トミー・アンゲラー

1931年フランスのストラスブール生まれ。1956年にアメリカに移住し、画家・漫画家・絵本作家や広告美術など幅広く活躍。『メロップス、空をとぶ』でヘラルド・トリビューン賞、1998年には国際アンデルセン賞画家賞を受賞。他の作品に『すてきな三にんぐみ』『へびのクリクター』『ゼラルダと人喰い鬼』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

読者のおたより

娘が幼稚園で読んでおもしろかったから、買いたいと言って購入しました。予想と違って、最後はあたたかい気持ちになりました。子供と一緒に読みたいです。(6歳女の子の親御様/愛読者はがきより)

どろぼうが主人公なので悪者のイメージでみていたのに孤児を助けるので不思議そうな顔をしていました。姉の方は身寄りのない貧しい子どもの心情をよく理解し、すてきな三にんぐみでよかったといっていました。年長の妹は怖いともいい、世の中には負の部分もあると感じているようでした。(6歳と7歳の姉妹・お母さまより)

大人になってこの絵本を知りました。驚いたのは、初版が1969年だということです。もし改訂時に、デザインが変わったとしても1977年。もう40年以上も昔の本なのに、古さを全く感じず、むしろ、おしゃれさを感じるくらいです。大人の絵本ブームということもあり、皆さんにおススメしたいと思います。(40代)

関連書籍

関連記事

すてきな三にんぐみ
すてきな三にんぐみ