icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

ガンバレ!!まけるな!!ナメクジくん

ガンバレ!!まけるな!!ナメクジくん

画像を拡大する

ガンバレ!!まけるな!!ナメクジくん

作・絵: 三輪一雄

受賞歴:

  • 日本子どもの本研究会選定図書(2005)
  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2004)
  • 日本図書館協会選定図書(2005)
対象年齢 5歳から
ジャンル 絵本 > 日本の絵本
サイズ(判型) 25cm×19cm
ページ数 32
ISBN 978-4-03-312130-7
NDC 726
発売日 2004年11月

定価: 1,080

【偕成社在庫:なし】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

見かけはカラがある、なしの違いのナメクジとカタツムリ。ナメクジの祖先をたどると? ユニークな視点で描いたナメクジの絵本。

著者紹介

三輪一雄

1959年大阪生まれ。東京造形大学絵画科卒業。著書に『アンモナイトは“神の石”』、『ガンバレ!! まけるな!! ナメクジくん』『イボイボガエル ヒキガエル』『のんびりオウムガイとせっかちアンモナイト』『ぐるぐるうずまき』『ぼくたちいそはまたんていだん』、『石の中のうずまきアンモナイト』『カタツムリにげた』、『なっとうくん西へいく』などがある。ライフワークは化石採集、ビーチコーミング、抜け殻集め。

この著者の書籍一覧を見る

著者より

★刊行時に寄せられたメッセージです

ナメクジは、太古の昔、カタツムリの1グループが徐々に殻を小さくしていって、今日の姿になった。ナメクジの進化は、現在、そう考えられている。そして、この絵本は、そのナメクジの進化をもとに、僕の想像をまじえながら描いたものである。

通常「進化」というと、今までの身体に新たな機能をそなえたり、特性を発達させるといった、「加える」というプラス的変態が主である。キリンの首やゾウの鼻、強力な毒を身につけた生物がそれだ。一方、ナメクジは、殻を「捨てる」というマイナス的変態だ。しかも、その殻は、外敵や寒暖から身を守る、唯一の武器であるのに…。

しかしながら、そこには「未知の世界への進出」という壮大なロマンがあった。

カタツムリは、石灰岩を好む。つまり、彼らは殻を作るために、多くの石灰分(カルシウム)を必要とする。それが証拠に、山口県の秋吉台や高知県の龍河洞、岐阜県の金生山といった石灰岩域には、多種にわたる多くのカタツムリが棲息している。

ところが、殻を捨てたナメクジにとって、もはや石灰分は無用の長物。そう、彼らは、背に負う「殻」というしがらみを捨てることで、石灰分という呪縛から解き放たれた。

「井の中の蛙」ならぬ「石灰岩域のカタツムリ」。そして、そこからの脱却。ナメクジの「殻を捨てる」という戦略には、未知の世界への進出という壮大なロマンがあったのだ。

一見、無欲にも見えるナメクジだが、意外にも、フロンティア精神に富んだ野心家なのである。とはいえ、殻を捨てた代償は大きく、日陰での生活を余儀なくされている。

でも、野心家のナメクジのこと。日陰で沈思黙考、次の戦略を着々と練っているに違いない。まさか、もう一度、殻を持とうなんて考えてるんじゃないだろうな…。(三輪一雄)

ガンバレ!!まけるな!!ナメクジくん
ガンバレ!!まけるな!!ナメクジくん