icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

よるのおと

よるのおと

画像を拡大する

よるのおと

対象年齢 3歳から
ジャンル 絵本 > 日本の絵本
サイズ(判型) 30cm×22cm
ページ数 32
ISBN 978-4-03-232480-8
NDC 726
発売日 2017年6月

定価: 1,512

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

男の子が池のほとりを歩いています。もうすぐおじいさんの家につくところです。もうすっかり日がくれて、空には月が輝いています。リリリ、リリリ。虫が鳴いています。遠くからは列車の汽笛。池に浮かぶハスの葉にはカエルがいます。シカの親子も水を飲みにきているようです。ほんの数十秒のあいだにおこる小さなドラマの数々。そこにひろがるゆたかな世界。ページをめくることが一つの体験だということが感じられる絵本です。

著者紹介

たむらしげる

1949年東京生まれ。桑沢デザイン研究所修了。詩情とユーモアのある独自の世界をメディアの枠をこえて発表している。絵本『すなのおしろ』『ありとすいか』『うちゅうスケート』『まじょのケーキ』、絵物語『モービー・ディック航海記』『水晶山脈』『象の思い出』、漫画『結晶星』、画集『メタフィジカル・ナイツ』(小学館絵画賞)、映像『銀河の魚』(毎日映画コンクール大藤信郎賞)、『クジラの跳躍』(文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞)等の作品がある。

この著者の書籍一覧を見る

著者より

「こんな絵本をずっと創りたかったのです。」たむらしげる

読者のおたより

本屋で手に取り、立ち読みした時、この音、この風景、子どもたちに伝えたい!と思いました。作られた音が多く、朝から晩までいつでも情報がすぐ手に入り便利な現代ですが、静かな中でしか聞こえてこない音、風景、そして体験をひとりでも多くの子どもに絵本を通じ、日々の生活を見直し、知り、大切にしてほしいと思います。

最初は「読み聞かせる文章も少ないし、3歳児には難しいかな?」と思ったのですが、全然そんなことはありませんでした。カエルがホタルを捕まえるシーンの度に「カエルがつかまえるよ!」と教えてくれ、ミミズクが飛び立つシーンでは「カエルをつかまえるのかな? カエルはにげるかな?」と毎回ハラハラしているようです。ほんの短い間の出来事を、静かなタッチで描いたこの本は、父の私が読んでもとても面白い一冊でした。(3歳・お父さまより)

関連記事

よるのおと
よるのおと