icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

あいうえおカメレオン

あいうえおカメレオン

画像を拡大する

あいうえおカメレオン

文・写真: 増田戻樹

受賞歴:

  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2009)
  • 日本図書館協会選定図書(2009)
対象年齢 4歳から
ジャンル 絵本 > 日本の絵本
サイズ(判型) 26cm×21cm
ページ数 40
ISBN 978-4-03-232340-5
NDC 726
発売日 2009年6月

定価:本体価格 1,300円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

紹介記事へ(Kaisei web)

内容紹介

自然の中で暮らすカメレオンの貴重な写真とともに、生態を紹介した愉快なあいうえおの絵本。カメレオンが詳しくわかる! 解説付。

著者紹介

増田戻樹

1950年東京生まれ。都立農芸高校を卒業後、動物商勤務を経て、1971年にフリーの写真家として独立。1984年より山梨県に在住し、動植物や星空などを撮り続ける他、マダガスカルやアフリカでのカメレオンの取材を行っている。日本写真家協会会員。著書は『オコジョのすむ谷』『海をわたるツル』『ニホンリス』『夜の美術館・八ヶ岳星座物語』など多数。

この著者の書籍一覧を見る

著者より

★刊行時に寄せられたメッセージです

ときどきテレビなどにも登場するカメレオン。しかし、日本では動物園やペットショップでないと見ることはできません。野生のカメレオンを撮影してみようと思ったのは、今から15年前のこと。カメレオンはとても興味のある動物だったのと、野生では減少している動物なので、今のうちに撮影したいと思ったのです。
カメレオンが生息するのは、多くがアフリカ大陸とマダガスカル。外国での撮影は大変ですが、まずは1つの国で全体の6割がすむマダガスカルで、まとめてみようと考えました。ところが何度か現地を訪れて撮影するうち、マダガスカルにすむカメレオンだけでは、カメレオンを語るには少し問題があり、他の国にすむ種類も入れないとカメレオンの全体像を見ることが出来ないことに気がつきました。
しかし他の国のカメレオンはさらに大変。アフリカ大陸の各地に広がっているのと、マダガスカルほど密度が多くないので、なかなかカメレオンに出会えないのです。南アフリカに行った時のこと。どうしてもナマクアカメレオンを見たくて、ナマクアランドという場所に出かけ、4日ほど荒地を歩いてみましたが、出会えたのはカメとトカゲだけ。どうにも頭から抜けないこのカメレオンにやっと会えたのは、次回行ったマダガスカルから南アフリカ経由でナミビアを訪れた時です。見つけた時のうれしさはひとしおでした。(写真)
知っている種類では確認できた喜び、また知らない種類では名前が分からずに悩みました。どれもが、日本にいる時に想像していたカメレオンと違いが多すぎたのです。 は虫類は苦手、という方も多いでしょうが、小さな時から気持悪い生きものと教え込むのは子どもがちょっとかわいそう。どんな写真だったらカメレオンに興味を持ってもらえるかな? と、できるだけかわいく見える子どもや、面白いポーズを選んで載せました。 (増田戻樹)

あいうえおカメレオン
あいうえおカメレオン