icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

みつばちバジーちゃん

みつばちバジーちゃん

画像を拡大する

みつばちバジーちゃん

文・絵: やまだうたこ

受賞歴:

  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2007)
対象年齢 3歳から
ジャンル 絵本 > 日本の絵本
サイズ(判型) 21cm×18cm
ページ数 28
ISBN 978-4-03-227760-9
NDC 726
発売日 2006年10月

定価:本体価格 1,200円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

バジーちゃんは、好奇心いっぱいの元気なみつばちの女の子。「カレルチャペック紅茶店」の人気キャラクターが絵本になりました。

著者紹介

やまだうたこ

1963年、名古屋市生まれ。絵本作家。自作の絵本に『ぶたのチェリーのおはなし』『こうさぎピピンのたんじょうび』、『ママといっしょ』『おいしいよ』『さぁおでかけ』、『ジョニーのクリスマス』などがある。また「カレルチャペック紅茶店」のオーナーでもあり、『おいしい紅茶のある暮らし』、『紅茶好きのメニューブック』など。

この著者の書籍一覧を見る

著者より

★刊行時に寄せられたメッセージです

バジーちゃんは、ずっと以前からだいじにしているキャラクターです。私の頭の中では、10年くらい前からぶんぶん飛んでいました。初めは男の子だったのです。そして、キャラクターとしてあたためているうちに、バジーちゃんはしだいに私の中で色々なことをするようになっていきました。

お花や木の実で遊んだり、お料理やお裁縫もします。でもいちばん好きなのはいたずらや冒険です。なんだか私の幼い頃に似ているところがたくさんあります。だからそのうち、ひょっとするとバジーは私の分身なのかな、と思うようになって、バジーちゃんはとうとう女の子になりました。

バジーちゃんのいちばんのなかよしは、てんとうむしのコティーくん。おっとりしていて、くいしんぼうの男の子です。いつもふたりはいっしょに遊びますが、いちばんのお気に入りは、女の子、男の子に関係なく、子どもたちが大好きな<ごっこ遊び>です。私の2人の息子(5歳と8歳)も、近所の9歳の女の子をまじえて、海賊ごっこやジャングルごっこ、昆虫ごっこや図書館ごっこ、そして映画ごっこ(主役も脇役も懐中電灯で照らす役も順番にやって)……もう自分以外のあらゆるものに扮して、夢中になって遊んでいます。あんまり楽しそうなので、私も入れてほしいと思うほどです。海賊船のコック長でよいから。

この絵本で、バジーちゃんは人間の家に初めて行きます。好奇心が旺盛で遊ぶのが大好きなバジーちゃんが、そこでどんなことをするのでしょう?

やっと私の中から飛び立って絵本になったバジーちゃん。どうぞ、本の中で出会ってあげてください!(やまだうたこ)

みつばちバジーちゃん
みつばちバジーちゃん