icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

かこさとし おはなしのほん4

どろぼうがっこう

作・絵: かこさとし

受賞歴:

  • 中央児童福祉審議会・特別推薦(1973)
対象年齢 4歳から
ジャンル 絵本 > 日本の絵本
サイズ(判型) 26cm×21cm
ページ数 32
ISBN 978-4-03-206040-9
NDC 913
発売日 1973年3月

定価:本体価格 1,000円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

特設サイト

内容紹介

まぬけな校長先生と生徒たちの世にもおかしなどろぼう学校の話。ある真夜中、みんなは町で一番大きな建物にしのびこみました。

著者紹介

かこさとし

1926年福井県武生市(現在越前市)に生まれる。東京大学工学部応用化学科卒業。工学博士。技術士(化学)。児童文化の研究者でもある。現在は、出版を中心に幅 広く活躍。作品は『からすのパンやさん』を代表する「かこさとしおはなしのほん」シリーズ、『うつくしい絵』、「だるまちゃん」シリーズ、『とこちゃんはどこ』、「かこさとしからだの本」シリーズ、『伝承遊び考』など500点以上。2008年菊池寛賞受賞、 2009年日本化学会より特別功労賞を受賞。

この著者の書籍一覧を見る

読者のおたより

かこさんの本はぜんぶおもしろく、よむたびにとてもたのしくなります。それにしても天かのくまさか先生でもつかまっちゃうほどのすごいけいさつしょがあると、日本はへいわなくらしがたもてるとおもいます。(7歳)

最初からおもしろいお話でした。どろぼうがっこう? なんておかしな絵本だろう。何度読み返してもおもしろいお話でした。(50代)

保育所の、進級の記念品としていただきました。年の割に幼めの娘には、まだ難しいかな?と思いましたが、意外や意外、じっくりじっくりと聞き入ってくれました。(5歳・お母さまより)

子どもに読み聞かせていると、「ぬきあし さしあし しのびあし」の所を声を出して一緒に読んでくれるので、親子で楽しく読む事ができます。まだ、1冊しか持っていないので、シリーズで集めたいと思いました。(3歳・お母さまより)

子供にどろぼうの話? 学校? どろぼうの勉強?と半信半疑でしたが、まさかの結末で大人の私も楽しめました。かこさとし先生の絵本大好きです。(5歳・ご家族より)

保育園の発表会で、どろぼうがっこうをやりました。発表会が終わっても、お話を全部覚えていて、いつも繰り返し言っています。それぐらい好きなお話です。(5歳・ご家族より)

関連書籍

関連記事

どろぼうがっこう
どろぼうがっこう