icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

くまのコールテンくん

くまのコールテンくん

画像を拡大する

くまのコールテンくん

対象年齢 3歳から
ジャンル 絵本 > 外国の絵本
サイズ(判型) 23cm×25cm
ページ数 30
ISBN 978-4-03-202190-5
NDC 933
発売日 1975年5月

定価:本体価格 1,200円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

紹介記事へ(Kaisei web)

内容紹介

デパートのおもちゃ売場のくまの人形を一目で好きになり、自分の貯金をはたいて買いに行く。女の子と人形との心のふれあいを描く。

著者紹介

ドン・フリーマン

1908年、アメリカのカリフォルニア州生まれ。1978年2月没。高校卒業後、ニューヨークに出て、絵の勉強をする。劇場案内の絵やポスターを描くうちに、絵本づくりの魅力にとりつかれ、多くの絵本を残した。代表作に『くまのビーディーくん』『にんぎょうのくに』がある。

この著者の書籍一覧を見る

まつおかきょうこ

1935年、神戸に生まれる。神戸女学院大学英文科卒業。1960年、慶応義塾大学図書館学科を卒業の後、渡米。ウェスタンミシガン大学大学院で児童図書館学を学び、ボルチモア市の公共図書館に勤める。帰国後、東京子ども図書館の仕事や児童図書の研究・創作・翻訳にと多方面に活躍。絵本の翻訳に『くまのビーディーくん』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

読者のおたより

安定の人気ということで購入しました。確かに何度も何度も読んでと持ってきます。長く愛される絵本の意味がわかる気がしました。(2歳・お母さまより)

リサとコールテンくんがともだちになれてうれしかったです。そして、わたしもコールテンくんみたいなおにんぎょうがほしいなっておもいました。「ともだちってきみのような人のことだね。」っていうところがたのしかったです。(6歳)

おさない頃、この絵本が大好きでした。大人になり社会から必要とされる人とならなければ、と気負っていた今、書店で偶然この絵本を見かけ一気になつかしさが溢れ、おもわず涙がこぼれました。大好きなこの本をまた手にできてとてもうれしく、幸せです。(23歳)

とにかく読み終わった後に、心がスッキリ暖かくなる本でした。コールテンくんをほしいという思いから、自分のお金でお家の人にきちんと話してから買う女の子の美しい心とそんなすてきなところに自分の場所をみつけたコールテンくん。これからの二人の生活している様子まで広がってきました。(40代)

図書館で何度も借り、子どもも私もとても気に入り購入しました。女の子がお気に入りのくまのぬいぐるみを手にいれるというお話も好きですが、なんといってもくまのぬいぐるみの表情がとてもかわいく親しみが持てます。いつでも手にとって読みたくなる絵本です。(7歳・お母さまより)

図書館で1回借り、大好きに。その後再度借りましたが、家にずっと置いておきたい、とのことで購入しました。「わあ、おうさまのごてんみたいだあ」というところや、おもちゃが棚で迎えにきてくれるのを待っているシーンなど、お気に入りのページがいくつもあります。訳のリズムもとても良いですね。(2歳男の子のお母様)

関連書籍

くまのコールテンくん
くまのコールテンくん