icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

たからもの

たからもの

画像を拡大する

たからもの

受賞歴:

  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2006)
  • コルデコット賞・銀賞(1980)
  • 日本子どもの本研究会選定図書(2006)
  • 日本図書館協会選定図書(2006)
対象年齢 5歳から
ジャンル 絵本 > 外国の絵本
サイズ(判型) 24cm×21cm
ページ数 32
ISBN 978-4-03-201530-0
NDC 726
発売日 2006年5月

定価:本体価格 1,200円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

夢のお告げにしたがって、貧しい男は宝物を探す旅に出た。『よあけ』他の作品で知られる作家の1980年コルデコット賞銀賞受賞作。

著者紹介

ユリ・シュルヴィッツ

1935年、ポーランドのワルシャワに生まれる。4歳で第二次世界大戦をむかえ、家族でポーランドを脱出、各地を転々とする。1949年イスラエルにおちつき、働きながら夜間高校に通った後、教員養成機関で文学などを学ぶ。その一方で、子どもの頃から才能を発揮してきた絵の勉強も続けた。1959年単身アメリカへ渡り、2年間絵画学校に学ぶ。1963年に初めての自作絵本『ぼくとくまさん』を出版。以後、長年にわたり絵本作家として活躍し、多くの作品を手がけてきた。1969年にはアーサー・ランサムの文に絵をつけた『空とぶ船と世界一のばか』でコルデコット賞を受賞。自作の絵本に『よあけ』『ゆき』『あるげつようびのあさ』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

安藤紀子

東京に生まれる。津田塾大学英文科卒業。英語圏の児童文学の翻訳・紹介につとめている。訳書に『たからもの』『桜草をのせた汽車』『やねのうかれねずみたち』『とびたて!竜の子ダンド』『ペニーの日記読んじゃだめ』、「悪魔の校長」シリーズなど多数。

この著者の書籍一覧を見る

著者より

★刊行時に寄せられたメッセージです

ユリ・シュルヴィッツは1935年ポーランドのワルシャワで生まれ、4歳のときから第2次世界大戦の戦禍を避けて各地を転々としながら育ちました。 1949年に一家でイスラエルに移り、教員養成学校で学ぶかたわら絵も本格的に勉強します。1959年には単身ニューヨークに渡り、絵画学校で学びながら、ヘブライ語の本に挿し絵を書き始めます。そして、1963年に初めての絵本を出版。現在までに35冊以上の本を出し、そのうち12冊は自ら文も書いています。2005年には、12世紀半ばにスペインからヨーロッパ、アジア、アフリカを14年かけて旅した実在のユダヤ人の旅行記をもとにした絵物語を出版しました。

『たからもの』は1978年の作品で、シュルヴィッツの代表作『よあけ』(1974年)とともにわたしの大好きな絵本です。この2冊はよく見ると、いくつか共通点があるように思われます。『よあけ』は中国の唐の詩人の詩をモチーフにしているそうですが、『たからもの』も世界のあちこちで語り継がれてきた「橋で宝物を見つけなさい」という夢を見る話をもとにしているようです。また、文をぎりぎりまで短くして絵にストーリーのほとんどを語らせているところや、絵の大きさを様々にかえて余白を効果的に使っているところも同じです。

『たからもの』の世界には、暖かい光が広がっているように見えます。家のなかにも、都の空にも。それは『よあけ』の最後のページの色合いに似ています。いま考えると、わたしがこれを訳したいと思ったのは、この暖かい色に引かれたからだったような気がします。『たからもの』は黄色ともオレンジともつかない淡い光でわたしを遠い世界へ、夢とも現実ともつかない世界へといざない、安らぎを与えてくれる絵本です。(安藤紀子)

たからもの
たからもの