icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

おめんです

おめんです

作・絵: いしかわこうじ

対象年齢 0歳から
ジャンル 絵本 > あかちゃんの絵本
サイズ(判型) 21cm×21cm
ページ数 28
ISBN 978-4-03-127110-3
NDC 726
発売日 2013年6月

定価: 1,188

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

きつねのおめんに、おにのおめん。おめんをとると…、あれあれ!びっくりするしかけがあるよ。赤ちゃんから楽しめるしかけ絵本。

著者紹介

いしかわこうじ

絵本作家。1963年千葉県生まれ。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。講談社童画グランプリで大賞受賞。イタリア・ボローニャ国際絵本原画展で入選。
『たまごのえほん』が造本装幀コンクールで、日本書籍出版協会理事長賞を受賞。おもな絵本の作品に『どうぶつ いろいろ かくれんぼ』『のりもの いろいろ かくれんぼ』『ふねくんのたび』『つみきくん』『つみきくんと つみきちゃん』『あかちゃん にこにこ』『あかちゃん  はーい』『たまごのえほん』『はなのさく えほん』『りくの のりもの えほん』『そらの のりもの えほん』『パンダくんのおにぎり』『世界を旅するペーパーわんこ』等があり、フランス・中国・韓国・台湾など海外でも翻訳版が 数多く出版されている。

この著者の書籍一覧を見る

編集者より

お祭りのとき、出店の中にはかならず、おめんやさんがあります。そこには、キャラクターのおめんがたくさんならんでいますが、この絵本では、ひょっとこや、おたふくなど、昔ながらのおめんに出会えます。作者のいしかわこうじさんは、おめんや、日本に昔からあるモチーフをよく観察して、迫力いっぱいにおめんを描きました。この本に出てくるおめんは、ちょっとこわい?、ちょっとへんてこ?でも、その、おめんを見たときのザワザワする気持ちを楽しみながら、しかけをめくってもらえるとうれしいです。この絵本で、たくさんのおうちに笑いがやってきますように!

読者のおたより

何度読み返しても、お面のインパクト大! でもその下には馴染みの動物達。”はっ”としてからの笑顔に変わる子ども達の表情を見るのが楽しくて仕方がない本です。今は0歳の我が子に読み聞かせをして、目が見開く反応を楽しんでいるところです。(愛読者はがきより)

いないいないばあがいま大好きなので、お面から顔に変わる瞬間が「ねいね!」「うおー」と声に出して驚いて喜んでいます。昔ながらの鬼のおたふくはちょっと恐かったり、おもしろかったりで、なじみの動物が顔をだすところがとってもおもしろいです。(1歳男の子のお母様/愛読者はがきより)

2歳の娘でもかんたんに遊べるしかけでよろこんでページをめくりながら何度も読んでいます。ページをめくることに飽きると、それぞれのページのおめんを自分の顔にあてて「見て見てー、オニさん」と本当のおめん代わりにして遊んでいました。(2歳・ご家族より)

息子の反応がよいものを買うようにしています。おめんですが特にごりらのページで笑っています。1歳3か月でも好みの絵本がはっきりしていて初見からくいついていて、読み聞かせのレパートリーが増えました。(1歳・ご家族より)

関連書籍

関連記事

おめんです
おめんです