icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

はたらく くるま

まかせとけ

作: 三浦太郎

受賞歴:

  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2007)
対象年齢 0歳から
ジャンル 絵本 > あかちゃんの絵本
サイズ(判型) 18cm×18cm
ページ数 24
ISBN 978-4-03-125150-1
NDC 726
発売日 2007年6月

定価: 864

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

パワーショベルとダンプカーなど、協力しながら働く車たち。「運んでください」「まかせとけ!」のくり返しが楽しいのりもの絵本。

著者紹介

三浦太郎

1968年愛知県生まれ。大阪芸術大学美術学科卒業。ボローニャ国際絵本原画展入選。2004年『Je suis…』で絵本作家としてデビュー。おもな作品に『くっついた』『ぼくはまる』『バスがきました』『おしり』『CO2のりものずかん』『おはなをどうぞ』、「はたらくくるま」シリーズの『よいしょ』『とどくかな』『まかせとけ』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

著者より

★刊行時に寄せられたメッセージです

「はじめてのはたらくくるま絵本!」 ぼくは、この本を勝手にそう呼んでいます。この本をきっかけに、子どもたちが「はたらくくるま」を好きになる、そんな絵本が作りたかったのです。

ぼくの家の近所でも、いたるところで工事をしています。子どもと散歩していても、どんなクレーンやパワーショベルが来ているのか気になって、音のする方へ歩いていきます。大きな音を出して派手な色の重機が力強く動くさまは、なんとも魅力的で、思わず見とれてしまうのです。
しかし、よく見てください。その見た目とはうらはらに、重機の動きは、意外にも、単純な反復運動にすぎません。「はたらくくるま」は、自分の得意とする動きを「よいしょ」とリズミカルに、また、ときには「とどくかな」と緊張感を持ってくりかえすことで、大きな作業を完成させていくのです。そして、ほかの重機と連携し、「まかせとけ」と作業を助け合うことで、より複雑な作業現場に対応していくことができるのです。

この絵本を描き終えて、ぼくの描きたかった「はたらくくるま」とは、子どもたち自身なのだと気づきました。自分一人ではまだなにもできないかもしれないけれど、できることをゆっくりと積み重ね、ときには友達と力を合わせながら、強く生きて欲しい。そう願ってやまないのです。(三浦太郎)

読者のおたより

Array

まかせとけ
まかせとけ