icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

作: 安房直子

絵: 山本 孝

受賞歴:

  • 全国学校図書館協議会・選定図書(2006)
  • 日本子どもの本研究会選定図書(2006)
  • 日本図書館協会選定図書(2006)
対象年齢 小学校中学年から
ジャンル 絵本 > 日本の絵本
サイズ(判型) 27cm×21cm
ページ数 48
ISBN 978-4-03-016410-9
NDC 726
発売日 2006年2月

定価: 1,512

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

おでんの屋台「雪窓」を舞台に、おかしいけれどなぜかせつない不思議な物語が幕を開ける。安房直子の傑作童話の絵本化。

著者紹介

安房直子

1943年、東京に生まれる。日本女子大学国文科卒業。在学中より山室静氏に師事、「目白児童文学」「海賊」を中心に、かずかずの美しい物語を発表。『さんしょっ子』(日本児童文学者協会新人賞)『北風のわすれたハンカチ』(産経児童出版文化賞推薦)『風と木の歌』(小学館文学賞)『遠い野ばらの村』(野間児童文芸賞)『山の童話 風のローラースケート』(新美南吉児童文学賞)『花豆の煮えるまで—小夜の物語』(赤い鳥文学賞特別賞)など受賞多数。1993年、永眠。

この著者の書籍一覧を見る

著者より

★刊行時に寄せられたメッセージです

このお話の世界を描く時に、一番大変だったのは、ずばり「雪窓(屋台)」そのものです。この主役でもあり、物語の大切な舞台でもある「雪窓」を一体どのように描けばいいのか……僕は頭を抱えました。

頭を使って悩んでいても、一向にラチがあかないので、「実際に食べに行こう!!」ということに……。インターネットで調べた、いい感じのおでん屋に向かいました。(屋台のおでんを食べにいくのは、実はこれが初めてでした……)

大きな公園の前に、それは、ありました。その小さな屋台からは、温かな湯気が立ちのぼり、お鍋の中には、美味しそうなおでんが、クツクツ煮えていました。おでんを注文しながら、僕はゆっくりと、屋台の観察を始めました。使いこまれた、鍋やタネ箱……。味のあるランプやコンロ……。屋台の外に突き出した、食器棚やカウンター……。そして、やさしそうな屋台のおばあちゃん……。どこか懐かしくて、あったかくて、ほっこりと安心してしまう……。
そんな、居心地のよい空間の中で、あつあつのおでんを頬張ってると、なんともいえない幸せが、僕を満たしていきました。

「こっこれかあ~……」

僕はその時、この物語りにでてくる「雪窓」の持つ、不思議な魅力が少しだけ分かったような気がしました。あとは、僕がうまくそれを、読者に伝える事ができれば……。

本が出来上がった今は、ただそれを祈るばかりです。
どうか、伝わりますように……(山本孝)

雪窓
雪窓