icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

童話作家のおかしな毎日

童話作家のおかしな毎日

画像を拡大する

童話作家のおかしな毎日

作・絵: 富安陽子

対象年齢 一般むき
ジャンル 読み物 > 伝記・ノンフィクション
サイズ(判型) 20cm×14cm
ページ数 158ページ
ISBN 978-4-03-003450-1
NDC 913
発売日 2018年9月

定価: 1,620

【偕成社在庫:なし】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

偕成社のホームページに連載された「日々彩々」と「ききみみずかん」を中心にまとめたエッセイ集。愛してやまない家族のこと、不思議な縁で結ばれたお父さんとお母さんのこと、戦争を乗り越えた富安家の人々のこと、そして童話作家になったきっかけなど、童話作家富安陽子のルーツのすべてがわかるエッセイ集です。

著者紹介

富安陽子

1959年、東京に生まれる。日本の風土にねざした神話や伝承をいかした和製のファンタジー作品を数多く発表している。『クヌギ林のザワザワ荘』により日 本児童文学者協会新人賞、小学館文学賞、「小さなスズナ姫」シリーズにより新美南吉児童文学賞、『空へつづく神話』により産経児童出版文化賞、『盆まね き』により野間児童文芸賞を受賞。ほかに「シノダ!」シリーズ、『やまんば山のモッコたち』『キツネ山の夏休み』『レンゲ畑のまんなかで』『ぼっこ』などの作品がある。

この著者の書籍一覧を見る

童話作家のおかしな毎日
童話作家のおかしな毎日