登場人物

銭天堂

紅子

銭天堂の女主人。年齢不詳。大きくふくよかな体つき。あげた真っ白いかみに、真っ赤な口紅、せんがら の赤紫色の着物がとくちょう。店におとずれる客の願いを察して、望みの駄菓子をすすめる。 屋台で出張販売したり、カプセルトイを使って支店を出すこともある。

銭天堂

墨丸

紅子が飼っている真っ黒い猫。紅子とは言葉が通じる。とても賢く、客を銭天堂にみちびいたり、紅子が不在のとき留守をしたりする。巻末でときどき絵日記をろうしている。

銭天堂

金色の招き猫たち

銭天堂の駄菓子が客に幸せをもたらすと、小びんに入った小銭がこの招き猫になる。店の地下にある工場で、お菓子づくりや箱の組み立てなどをして働く。

たたりめ堂

よどみ

銭天堂をライバル視している少女。見た目は7歳くらいだが、しわがれた声をしている。真っ赤ながんばなの絵が描かれた黒い着物、濃い紺色のおかっぱ髪がとくちょう。経営する「たたりめ堂」の駄菓子で、客から悪意をすいとってエネルギーにしている。(登場巻:3巻~11巻)

天獄園

怪童

遊園地「てんごくえん」を経営する男。よどみに依頼されて、紅子に勝負を申し込む。(登場巻:7~8巻)

その他

六条教授

自身の研究所で、銭天堂についての調ちょうを命じる。そのもくてきはいったい?(登場巻:12巻~)

銭天堂

不幸虫

金色の招き猫と逆に、銭天堂の駄菓子が客に不幸をもたらしたり、客がこうかいしたりすると、生まれる。「たたりめ堂」のよどみは、この虫を虫かごに集め、じゃあくな駄菓子のざいりょうとしているらしい。

その他

ヨガラス宅急便

銭天堂に荷物を届ける。はいたついんは、黒い羽をぬいつけたマントをかぶったみょうな身なりをしている。(登場巻:2巻)

その他

鬼火堂

おもちゃやさん? 紅子がこの店から「カプセルトイ」をこうにゅうした。(登場巻:2巻)

その他

名もなきもの

ゼリーのようにぷるぷるした体に目玉がついた、へんげんざいの生きもの。わるさをするわけではないが、銭天堂にいつのまにかすみついては、ふえる。(登場巻:12巻表紙、13巻本文)