エリック・カール スペシャルサイト

絵本紹介 | コラム

とある新聞記事からはじまった空想 10このちいさな おもちゃのあひる

2003年の夏、カールさんは1つの新聞記事を目にしました。

1992年に、つくったばかりのおもちゃを積んだ船が航海途中で嵐にあい、積み荷を海に落としてしまいました。太平洋のちょうど真ん中あたりです。積み荷のなかには、子どもたちがお風呂にうかべてあそぶ、あひるなどのゴムのおもちゃ29,000個がはいっていました。それから11年後の2003年。アメリカ北東部の海岸にこのおもちゃのあひるがうちあげられているのがみつかったのだそうです。

この記事を読んで、いろいろな空想をしたカールさんがつくったのが、この『10このちいさなおもちゃのあひる』という絵本です。思いがけず船に積まれた箱から、海にとびだしたおもちゃのあひるたちが、西へ東へ、めいめいの旅にでます。

10こめのあひるはやがて、本物のあひる家族に出会うことに! おかあさんあひるの呼びかけに、「くわっくわっ」と返事をするあひるの子どもたちですが、おもちゃのあひるは、どんな返事をするでしょう? 音の鳴るしかけにも注目です。

おもちゃのあひるの記事を読んで、そのあひるに息をふきこんだカールさん。ゆたかな想像力をもっていれば、創作の種はいろいろなところにあるのですね。