icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

きみが考える・世の中のしくみ(全4巻)

きみが考える・世の中のしくみ(全4巻)

画像を拡大する

きみが考える・世の中のしくみ(全4巻)

作・絵: 峯村良子

対象年齢 小学校中学年から
ジャンル セット(箱入り) > 社会
サイズ(判型) 28cm×23cm
ページ数 各32
ISBN 978-4-03-629941-6
NDC -
発売日 2013年4月

定価: 7,776

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

政治や憲法など、世の中を動かすしくみについて、楽しい絵とストーリーで紹介します。国会、選挙、地方自治、税金、福祉など、教科書でとりあげる内容を学びつつ、社会の中心にいるのは、私たち一人一人なんだと感じられるシリーズです。

著者紹介

峯村良子

福岡県生まれ。ファッションメーカー宣伝部でのデザイナーを経て、フリーのイラストレーターに。広告、新聞、雑誌などで活躍する。主な作品に「子どものマナー図鑑」シリーズなど多数。イラストレーションの仕事に「ジャパネスク」シリーズ(氷室冴子作)、『作ってみようらくらく短歌』などがある。朝日小学生新聞で手づくりをテーマに連載を担当。「子どものマナー図鑑」シリーズは、教育現場で幅広く支持されている。また、ケアマネージャーの資格を取得し、『寝たきりにしない自宅介護』など介護の本にも経験をいかすなど、幅広く活動している。

この著者の書籍一覧を見る

関連書籍

きみが考える・世の中のしくみ(全4巻)
きみが考える・世の中のしくみ(全4巻)