icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

ベネベントの魔物たち1

ベネベントの魔物たち いたずらの季節

ベネベントの魔物たち いたずらの季節

画像を拡大する

ベネベントの魔物たち1

ベネベントの魔物たち いたずらの季節

対象年齢 小学校中学年から
ジャンル 読み物 > 外国の読み物
サイズ(判型) 22cm×15cm
ページ数 127ページ
ISBN 978-4-03-521530-1
NDC 933
発売日 2019年10月

定価:本体価格 1,300円+税

【偕成社在庫:あり】

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

ベネベントは、本当にある町です。一見ごくふつうの町ですが、ひとつだけ、とてもかわっていることがあります。それは、世界中のどこよりも魔物がたくさん住んでいるということ。魔物は、町のいたるところにひそんでいます。井戸の中、橋の下、劇場のあと……。もしかしたら、おとなりさんや家族のだれかが、魔物かもしれません。ほら、またきょうも魔物がいたずらを始めたみたい。ベネベントの子どもたち! 魔物に目をつけられないように、くれぐれも気をつけて。

おてんばなローザと、なぞときの好きなエミリオは双子のきょうだい。ある朝おきてみると、2人の家の農場がたいへんなことになっていました。町で売れる野草が生えず、メンドリは卵を産みません。おまけに納屋がめちゃくちゃです。エミリオはよく考えてから、いいました。「これはローザのせいだ」。

むかしから魔女が住むという伝説のある、イタリアの実在の町ベネベントを舞台に、1820年代の人々のくらしをイメージして書かれた昔話風の創作童話。魔女と人間が共生する世界でまきおこる日常のちょっとした事件を、ユーモラスかつミステリアスに描きます。

著者紹介

ソフィー・ブラッコール

絵本作家。絵本『300年まえから伝わる とびきりおいしいデザート』をはじめ、児童書のさし絵を数多く手がける。『プーさんとであった日』『おーい、こちら灯台』で、コールデコット賞を2度受賞。

この著者の書籍一覧を見る

横山和江

翻訳家。訳書に『300年まえから伝わる とびきりおいしいデザート』『わたしたちだけのときは』『フランクリンの空とぶ本やさん』『わたしの心のなか』『キツネのはじめてのふゆ』『ねこの3つのねがいごと』『クマさんのいえへ いかなくちゃ!』など。

この著者の書籍一覧を見る

編集者より

このシリーズは、「しかけ」に満ちています。巻ごとに主人公の子どもたちが交代するのですが、語られるのは、同じ時期の同じ出来事。それを、読者はそれぞれの視点から多面的に追っていくのです。たとえば、みんなとはぐれた友だちが、本当はどこでなにをしていたのか? なにかを言いかけて口をつぐんだ友だちは、そのときなにを考えていたのか? ちりばめられていたナゾの真相が、巻を追うごとに少しずつ明らかになっていくので、つづきの巻も見逃せません!
コルデコット賞を2度受賞した画家が描く、クラシカルな味のあるイラストも大きな魅力。見開きごとに絵が入っているので、1人読みにぴったりです。そして、じつは巻をまたいでつながる絵があったり、同じ構図だけれど細かいところが少し違う絵があったりと、遊び心もたっぷり。巻末には、「魔物事典」や、当時と今のくらしの違いを解説するおまけのページもついていて、お話の背景がより深く楽しく理解できるようになっています。

ベネベントの魔物たち いたずらの季節
ベネベントの魔物たち いたずらの季節