情報: あなたのブラウザはクッキーを許可していません。商品をカートの中に入れて購入するには、クッキーを有効にする必要があります。

偕成社文庫 3279
伝記ヘレン・ケラー
村岡花子が伝えるその姿

伝記ヘレン・ケラー

著:村岡花子

1960年初版作品の文庫化

目が見えず、耳も聞こえず、口もきけない、不自由なからだをもったヘレン・ケラー。サリバン先生をはじめ、さまざまな人の力を得て、文字をおぼえ、本を読み、文章を書き、成長していきます。 著者自身がヘレン・ケラー来日時に通訳をつとめ、直にふれあい、感動した経験からつづった伝記です。自然のなかから学び、言葉を獲得していった幼少期のようすも、みずみずしく描かれます。 解説は、村岡花子の生涯を描いた『アンのゆりかご』の著者、村岡恵理。 1960年初版作品の文庫化です。

サイズ(判型)
18cm×13cm
ページ数
274ページ
発売日
2014年 08月
ISBN
978-4-03-652790-8
Cコード
C8323
NDC
289

定価: ¥864

【在庫○】

  • 全国の書店、または下記ネット書店などでご購入ください。

    ※右上の赤字は、小社の在庫状況です。在庫や取扱いの状況は書店によって異なります。

 

村岡花子

村岡花子

1893年山梨県生まれ。評論、随筆、童話、翻訳の世界で広く活躍した。主な作品に『赤毛のアン』『少女パレアナ』『王子と乞食』などがある。1960年藍綬褒賞受賞。1968年没。

この著者の書籍一覧を見る