情報: あなたのブラウザはクッキーを許可していません。商品をカートの中に入れて購入するには、クッキーを有効にする必要があります。

偕成社文庫 3198
大空の殺人

大空の殺人

作:クリスティ
訳:茅野美ど里

イギリス行きの定期旅客機が英仏海峡にさしかかったとき、ハチが一匹機内をとびまわりはじめた。そして、マダム・ジゼルは死んでいた。飛行機に乗りあわせたポワロが、大空の密室殺人に挑む。

サイズ(判型)
B6判
ページ数
0ページ
発売日
1993年 07月
ISBN
978-4-03-651980-4
Cコード
C8397
NDC
933

定価: ¥864

【在庫○】

  • 全国の書店、または下記ネット書店などでご購入ください。

    ※右上の赤字は、小社の在庫状況です。在庫や取扱いの状況は書店によって異なります。

 

クリスティ

クリスティ

1890年イギリスのデヴォンシャー州に生まれる。1920年最初の推理小説『スタイルズ荘の怪事件』出版。1926年『アクロイド殺人事件』を発表、ミステリー作家としての確固たる地位をきずく。1976年没。代表作に『オリエント急行殺人事件』『そして誰もいなくなった』『ABC殺人事件』等多数がある。

この著者の書籍一覧を見る

茅野美ど里

茅野美ど里

1954年東京生まれ。上智大学外国語学部英語学科卒。小・中学時代の3年間をアメリカ・イリノイ州ですごす。訳書に『赤毛のアン』『風の少年ムーン』『シャーロット・ドイルの告白』『レベッカ』などがある。

この著者の書籍一覧を見る