情報: あなたのブラウザはクッキーを許可していません。商品をカートの中に入れて購入するには、クッキーを有効にする必要があります。

偕成社文庫 3183
ABC殺人事件

ABC殺人事件

作:クリスティ
訳:深町眞理子

名探偵ポワロに、犯罪予告の手紙が送られてきた。予告の日、Aの町で、Aではじまる名の老婦人が殺され、死体のそばにはABC鉄道案内が…。ミステリーの女王クリスティの代表作の完訳版。

サイズ(判型)
B6判
ページ数
0ページ
発売日
1990年 12月
ISBN
978-4-03-651830-2
Cコード
C8397
NDC
933

定価: ¥756

【在庫○】

  • 全国の書店、または下記ネット書店などでご購入ください。

    ※右上の赤字は、小社の在庫状況です。在庫や取扱いの状況は書店によって異なります。

 

クリスティ

クリスティ

1890年イギリスのデヴォンシャー州に生まれる。1920年最初の推理小説『スタイルズ荘の怪事件』出版。1926年『アクロイド殺人事件』を発表、ミステリー作家としての確固たる地位をきずく。1976年没。代表作に『オリエント急行殺人事件』『そして誰もいなくなった』『ABC殺人事件』等多数がある。

この著者の書籍一覧を見る

深町眞理子

深町眞理子

1931年東京に生まれる。日本SF作家クラブ会員。英米のミステリー、SFなどの紹介・翻訳につとめる。訳書として『アンネの日記』(アンネ=フランク)、『指に傷のある女』(ルース=レンデル)、『親指のうずき』(クリスティ)『アガサ・クリスティ推理・探偵小説集』など多数がある。

この著者の書籍一覧を見る