情報: あなたのブラウザはクッキーを許可していません。商品をカートの中に入れて購入するには、クッキーを有効にする必要があります。

ガラスのうま

ガラスのうま

作:征矢清
絵:林明子

自分のせいで足をおったガラスの馬を追いかけて、すぐりはガラスの動物たちの世界へ飛びこんだ! 幼年向け冒険ファンタジー。

受賞歴
新美南吉児童文学賞(2002)
日本図書館協会選定図書
野間児童文芸賞(2002)
サイズ(判型)
22cm×16cm
ページ数
146ページ
発売日
2001年 10月
ISBN
978-4-03-439150-1
Cコード
C8093
NDC
913

定価: ¥1,296

【在庫○】

  • 全国の書店、または下記ネット書店などでご購入ください。

    ※右上の赤字は、小社の在庫状況です。在庫や取扱いの状況は書店によって異なります。

 

征矢清

征矢清

1935年、長野県生まれ。早稲田大学第二文学部露文科卒業後、出版社で児童書の編集に携わる。作家としても、子どもの感性によりそった数多くの童話や絵本を発表している。童話に『やまぐにほいくえん』『ゆうきのおにたいじ』『かおるのたからもの』『ねこっ原のぶちねこ』『にせあかしやの魔術師』『ねこになった少年』、絵本に『はっぱのおうち』(林明子・え)、『かさをもっておむかえ』などの作品がある。

この著者の書籍一覧を見る

林明子

林明子

1945年東京に生まれる。横浜国立大学教育学部美術科卒業。絵本作家。登場人物のしぐさや表情から心の動きがいきいきとつたわってくる絵本は、多くの子どもたちから愛されている。作品に『こんとあき』『まほうのえのぐ』『くつくつあるけ』『おつきさまこんばんは』『はじめてのキャンプ』『はじめてのおつかい』『おでかけのまえに』『あさえと ちいさいいもうと』『きょうはなんのひ?』『おふろだいすき』、『もりのかくれんぼう』『ママ、あててみて』などがある。

この著者の書籍一覧を見る