情報: あなたのブラウザはクッキーを許可していません。商品をカートの中に入れて購入するには、クッキーを有効にする必要があります。

日本の絵本
よるくま

よるくま
よるくま

作・絵:酒井駒子

夜、男の子が寝ていると、まっ黒なよるくまがお母さんをさがしにきました。母の匂い、あたたかさを思いおこさせるファンタジー。

サイズ(判型)
19cm×25cm
ページ数
32ページ
発売日
1999年 11月
ISBN
978-4-03-331230-9
Cコード
C8793
NDC
726

定価: ¥1,080

【在庫○】

  • この本を立ち読みする
  • 全国の書店、または下記ネット書店などでご購入ください。

    ※右上の赤字は、小社の在庫状況です。在庫や取扱いの状況は書店によって異なります。

 

メッセージ・感想

読者の皆様からのご感想

一度図書館からお借りして以来、息子も私も大好きになりました。返却した日の夜には、大泣きしてしまった程です。バレンタインデーのプレゼントにさせていただきました。男の子とお母さんが出てくるので私がねかしつける時はいつも「よるくま!」です。(愛読者ハガキより)

会社の後輩のお子サマ(4歳・2歳)へクリスマスプレゼントとしてお渡ししました。働いているお母さんの頑張っている姿を知っていますので、書店でみて、いい本だと思いました。そして、大変に喜ばれました。

よるくま、友人の紹介で知りました。今、私から離れない「あとおい」のピークの時で、ママをさがすお話が息子にぴったりです。「おなじだね」と言うと、照れくさそうにニンマリしています。(2歳男の子のお母様/愛読者はがきより)

 

酒井駒子

酒井駒子

1966年、兵庫県に生まれる。東京芸術大学美術学部卒業。主な作品に『リコちゃんのおうち』『よるくま』『赤い蝋燭と人魚』『よるくま クリスマスのまえのよる』『ロンパーちゃんとふうせん』『ぼく おかあさんのこと…』などがある。2005年、『金曜日の砂糖ちゃん』により第20回ブラティスラヴァ世界絵本原画展金牌を受賞。

この著者の書籍一覧を見る