情報: あなたのブラウザはクッキーを許可していません。商品をカートの中に入れて購入するには、クッキーを有効にする必要があります。

サルってさいこう!

サルってさいこう!
サルってさいこう!
サルってさいこう!

監修:中川尚史
作:オーウェン・デイビー
訳:越智典子

サルってなにもの?ぼくたちの「いとこ」、サルをたずねるぼうけんにでかけよう!
地球にいま、260種もがいるといわれているサル。いちばん小さいピグミーマーモセットから、いちばん大きいマンドリルまで、サルのふしぎを独特のユーモアをまじえつつ、わかりやすいイラストレーションで徹底的に紹介。
・ヒトはサルからうまれたの?
・サルがずるがしこいってほんと?
・ほえ声いちばんはだれ?
・サルのすみかをどうまもる?
・温泉が好きなサルもいるの?
などなど、たくさんの疑問におこたえします!(ニホンザルも登場します!)

サイズ(判型)
30cm×25cm
ページ数
36ページ
発売日
2017年 07月
ISBN
978-4-03-348370-2
Cコード
C8797
NDC
726

定価: ¥1,944

【在庫○】

  • 全国の書店、または下記ネット書店などでご購入ください。

    ※右上の赤字は、小社の在庫状況です。在庫や取扱いの状況は書店によって異なります。

 

中川尚史

中川尚史

1960年大阪府豊中市生まれ。理学博士。京都大学大学院理学研究科生物科学専攻動物学教室人類進化論研究室教授、日本霊長類学会理事。理学博士取得後、シオン短期大学助教授、神戸市看護大学助教授としてカメルーンのパタスモンキーとタンタルスモンキー、タイのダスキールトン、各地のニホンザルの研究を続け、2004年、京大理学部助教授に着任。准教授を経て2015年より教授となる。一般向けの書籍の執筆や編集、講義、講演も多数行っている。おもな著書に『食べる速さの生態学―サルたちの採食戦略 』『サバンナを駆けるサル―パタスモンキーの生態と社会』『"ふつう”のサルが語るヒトの起源と進化』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

オーウェン・デイビー

オーウェン・デイビー

イラストレーター。英国にくらし、絵本や広告などで活躍しています。オーウェンの作品は、南極以外のすべての大陸で発表されています。おもな絵本に『Mad About Monkeys』『Smart About Sharks』などがあります。

この著者の書籍一覧を見る

越智典子

越智典子

1959年東京生まれ。出版社勤務を経て執筆活動に入る。創作絵本や読みもの・科学絵本・翻訳など、多方面で活躍中。おもな作品に、『ほら、きのこが…』『ここにも、こけが…』『おひさまがしずむ』『おちのりこのすてきな地球』『ののさんとかみさま』『はるさんがきた』『パンになる夢』『てりふり山の染めものや』『ツーティのちいさなぼうけん』『ツーティのうんちはどこいった?』『おふとんのくにのこびとたち』などがある。

この著者の書籍一覧を見る