情報: あなたのブラウザはクッキーを許可していません。商品をカートの中に入れて購入するには、クッキーを有効にする必要があります。

さくら研究ノート

さくら研究ノート
さくら研究ノート
さくら研究ノート

著:近田文弘
絵:大野八生

日本人とは切りはなすことができない桜の木だが、ここまで詳しく調べ、語られた本は、特に子ども向けにはなかった。学校には必ずといっていいほどある、桜の木。専門的でありながらも、子どもたちも興味をもって、桜の木を知ることができるように、イラストで、わかりやすく、桜について解説する。春から始まって、1年間の桜を追いながら桜の花、芽、葉や実の秘密や、冬の間の木のようすを紹介する。また、どうして花が散るのか、葉はどんな働きをしているのか、散ってしまった後、どのように芽ができてくるのか、根っこの話などに加えて、食べる桜についてのページも。桜について、研究を重ねてきた著者と、造園家でもあるイラストレーターのかわいらしく、リアルな絵の、やさしく楽しい知識絵本です。

サイズ(判型)
26cm×21cm
ページ数
48ページ
発売日
2017年 03月
ISBN
978-4-03-437250-0
Cコード
C8745
NDC
726

定価: ¥1,728

【在庫○】

  • 全国の書店、または下記ネット書店などでご購入ください。

    ※右上の赤字は、小社の在庫状況です。在庫や取扱いの状況は書店によって異なります。

 

近田文弘

近田文弘

1941年新潟県新発田市生まれ。京都大学大学院理学研究科修士課程終了。国立科学博物館植物研究部植物第一室長をつとめる。植物分類学を専門とするが、博物学、樹木学、民族植物学など幅広い分野に関心を寄せている。現在は国立科学博物館名誉研究員として、中国長江流域と天山シルクロードの植物相の調査に従事、子どもや一般むけの自然観察会の講師として「自分の足で歩いて、自分の目で観る」ことを伝えている。近著に『桜の樹木学』、『中国天山の植物』、『皇居吹上御苑、東御苑の四季』、子ども向けの図書に『ずかん たね』、『草の名前が葉っぱでわかる』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

大野八生

大野八生

1969年千葉県生まれ。園芸が好きだった祖父のもと幼い頃より植物に親しむ。植物関係の様々な仕事を経て庭をつくる仕事にたずさわる。造園会社退職後、描きつづけてきたイラストと植物の仕事でフリーに。現在、イラストレーターと造園家として活動。絵本に『にわのともだち』『じょうろさん』がある。

この著者の書籍一覧を見る