情報: あなたのブラウザはクッキーを許可していません。商品をカートの中に入れて購入するには、クッキーを有効にする必要があります。

重力って……

重力って……
重力って……
重力って……

作:ジェイソン・チン
訳:竹内薫

重力って、どういうものなのか?
これをシンプルに説明し、重力というものの性質を、絵本の中で体験できる作品です。迫力のある絵に、ごく短い文がつき、思わずひきこまれます。宇宙に興味をもつファーストブックとして、小さい子どもから楽しめる絵本です。巻末には、よりくわしく重力について学ぶことができるよう、解説ページがついています。
作者のジェイソン・チンは、『ガラパゴス』や『セコイア』など、自然科学をテーマにした作品を描いている作家です。サイエンス作家として活躍している竹内薫さんが訳しました。
読み聞かせできる科学絵本、登場です!

サイズ(判型)
23cm×29cm
ページ数
32ページ
発売日
2017年 02月
ISBN
978-4-03-202750-1
Cコード
C8797
NDC
726

定価: ¥1,620

【在庫○】

  • 全国の書店、または下記ネット書店などでご購入ください。

    ※右上の赤字は、小社の在庫状況です。在庫や取扱いの状況は書店によって異なります。

 

ジェイソン・チン

ジェイソン・チン

アメリカ・ニューハンプシャー州の小さな町で生まれる。シラキュース大学でイラストレーションを学び、2001年にニューヨークへ移る。マンハッタンにある子どもの本専門店に勤め、絵本作家になる。主な作品に『ガラパゴス』、『セコイア』がある。

この著者の書籍一覧を見る

竹内薫

竹内薫

サイエンス作家。1960年、東京生まれ。東京大学理学部物理学科卒、マギル大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。科学応援団として、本だけでなく、テレビでも活躍中。著書に『宇宙のかけら』『99.9%は仮説』など。

この著者の書籍一覧を見る