情報: あなたのブラウザはクッキーを許可していません。商品をカートの中に入れて購入するには、クッキーを有効にする必要があります。

走れ!! 機関車

走れ!! 機関車

作・絵:ブライアン・フロッカ
訳:日暮雅通

1869年、夏。ひとつの家族がアメリカ大陸の東から西へ向かって旅立った。開通したばかりの大陸横断鉄道に乗って!
横断鉄道は1862年アメリカ南北戦争の真っ最中に計画され、2つの鉄道会社によって建設が進み、1869年に完成した。これにより東のオマハから西のカリフォルニアまで、えんえんと馬車でいくか、船でアメリカ最南端の岬を回る船でいくしかなかった旅が、たった4日にちぢまった。力強い蒸気機関車の登場と大陸横断鉄道の開通はアメリカの生活を大きく変えたのだ。その横断鉄道の旅と蒸気機関車を、臨場感あふれる迫力ある絵で描いた絵本。蒸気機関車についての解説付き。アメリカの権威あるコルデコット賞受賞作品。

受賞歴
コルデコット賞(2014)
サイズ(判型)
31cm×28cm
ページ数
56ページ
発売日
2017年 01月
ISBN
978-4-03-348340-5
Cコード
C8797
NDC
726

定価: ¥2,592

【在庫○】

  • 全国の書店、または下記ネット書店などでご購入ください。

    ※右上の赤字は、小社の在庫状況です。在庫や取扱いの状況は書店によって異なります。

 

メッセージ・感想

読者の皆様からのご感想

息子は3歳9ヶ月。まだ字は読めないけれど、偏った分野の読み聞かせやおでかけの効果もあって、鉄道幼児。その彼が、「電車や電気機関車は電気とモーターで動くのはわかるが、石炭と水だけでSLが前に進む理屈がどうしてもわからん」と言い出したので、大型書店にいくつか足をはこび、本書に出会いました。メカニックな話だけでなく、マネジメントの話、そして旅客の視点からの「便利さ」も描かれているので、息子が学齢になり、自分で本を読めるようになっても、長く楽しめる本だと思いました。(3歳男の子の親御様/愛読者はがきより)

生まれて3ヶ月から絵本を開くと目で追う孫は2歳になりましたが乗り物大好きバアバとして娘から頼まれたのは絵本を届けること。張り切って選んでいますが、今回の本は私がそばに置いていたい気持ちになりました。子育てしている間、夫と私たちの役目は枕木、線路を敷くのは子ども自身、見守り続けたことなど思い出し、その思いと重なりました。そんな思い、孫が理解するときまで手元に置いていたいです。作家さんに感謝。(60代女性/愛読者はがきより)

 

ブライアン・フロッカ

ブライアン・フロッカ

アメリカ、テキサス州生まれ。1991年ブラウン大学卒業(歴史と美術を専攻)。在学中にロードアイランド・デザインスクールでデザインを学び、そこで出 会った著者アヴィの小説『光の街、闇の街』(未訳)に描いた挿し絵で注目される。翻訳作品に『ポピー –––– ミミズクの森をぬけて』(アヴィ・作 あかね書房)などがある。本書は、2010年の「ロバート・F・サイバート知識の本賞」(良質の児童向けノンフィク ションを対象とした賞)で次点となった。現在、ニューヨーク州ブルックリン在住。

この著者の書籍一覧を見る

日暮雅通

日暮雅通

1954年千葉県生まれ。青山学院大学理工学部卒業。出版社勤務などを経て、現在は幅広い分野の翻訳家として活躍。日本推理作家協会会員。主な訳書に『ワレンバーグ』『ガリレオ・ガリレイ』、『ファーストマン ニール・アームストロングの人生』、『アポロ11号––––月面着陸から現代へ』『サイエンス大図鑑』などがある。

この著者の書籍一覧を見る