情報: あなたのブラウザはクッキーを許可していません。商品をカートの中に入れて購入するには、クッキーを有効にする必要があります。

しょうてんがいくん

しょうてんがいくん
しょうてんがいくん
しょうてんがいくん

作:大串ゆうじ

「たかし、しょうてんがいくんまで おつかいにいってくれる?」「うん、いいよ!」
こうして、たかしくんははじめてのおつかいに行くことになりました。行き先は「しょうてんがいくん」。たくさんのお店があって、どんなものでも売っています。たかしくんはお母さんのメモにしたがって、さっそくおかいものをはじめたのですが……。まちがいさがし、あみだくじ、めいろなどなど、ふしぎなゲームもいっぱい。みんなもたかしくんといっしょに、「しょうてんがいくん」に行ってみよう!!

サイズ(判型)
29cm×23cm
ページ数
32ページ
発売日
2016年 11月
ISBN
978-4-03-332590-3
Cコード
C8793
NDC
726

定価: ¥1,512

【在庫○】

  • 全国の書店、または下記ネット書店などでご購入ください。

    ※右上の赤字は、小社の在庫状況です。在庫や取扱いの状況は書店によって異なります。

 

メッセージ・感想

読者の皆様からのご感想

カラフルでかわいいイラストが好きです。表紙裏の登場キャラクターを探すのと、迷路はなかなか難しかったです。細部まで見ていると、気になるキャラクターがいっぱいいて、楽しかったです。(40代女性/愛読者はがきより)

徹底的に描き尽くされていますが、色合いが落ち着いているので、まとまりがあり、昭和の香りがかもし出されて「しょうてんがいくん」という題名が活かされていると思います。提案されているゲーム以外にも、自分で考えるゲームもいろいろできそうで、早く甥っ子たちに見せてあそびたいです。見開きのキャラクターを本の中に探すのも楽しい!! 私だったら仕事帰りにアマイ・モノガスキーさんとこでケーキを買って、おちゃせんにんと夕陽を見ながらケーキとお茶をたのしみたいです。憧れるキャラはサボリーマン。モップさんの背中に乗って移動したいです。わくわく!!(40代女性/愛読者はがきより)

久しぶりに絵本を手にしました。濃い内容に驚きました。表紙でもまた内の1ページでも1冊の絵本ができそうなほど、手を抜かない丁寧で豊富な絵に目を見張りました。奇抜な人間模様があちこちにちりばめられていて、一人一人楽しく、飽きることなく眺めています。大串さんは初めての絵本だそうですが頭の中にはいっぱいのアイデアが詰まっていることでしょう。どうぞご活躍されますように。(70代女性・愛読者はがきより)

4才と3才の寝る前の絵本で購入させていただきました。毎回おもしろそうに「なんで顔があるの?これは何?」と質問がとまりません笑(愛読者はがきより)

絵本を見た時、とても魅力を感じました。なぜかというと、ただ絵本を読むのではなく、読んでいくうちにまちがいさがしやあみだくじ、めいろなどふしぎなゲームがたくさんあり、子供も大人(保育者)も楽しめる絵本だなと思いました。実際に読むと、子どもたちはこの絵本に出てくる登場人物を探したり、また子どもたちはまちがいさがしが大好きなので、夢中になって読んでくれたのでこの絵本に出会えて良かったです。(愛読者はがきより)

0歳児の娘には少しはやいですが、色々な"人"や"モノ""動物""野菜""機械"や"お菓子"が出てきて一緒によみすすめると楽しい絵本です。絵本の中にゲームがあって、新しいタイプの絵本だと思いました。娘がもう少し大きくなって言葉のやりとりができるようになったら、コミュニケーションをとりながら読みたいです。大人が読んでも楽しくなる、そんな絵本です。(0歳女の子のお母様/愛読者はがきより)

 

大串ゆうじ

大串ゆうじ

1976年生まれ。茨城県出身。多摩美術大学絵画科油画専攻卒業。卒業後は個展などで作品を発表をしながら雑誌、テレビ、広告、などのイラストレーションで活動。本書がはじめての絵本。おもな受賞に、グラフィックアートひとつぼ展入選(1999年、2002年、2005年)、ターナーアクリルアワード入選(2001年〜2005年)、第29回ザ・チョイス年度賞入賞(2012年)などがある。

この著者の書籍一覧を見る