情報: あなたのブラウザはクッキーを許可していません。商品をカートの中に入れて購入するには、クッキーを有効にする必要があります。

アサギをよぶ声 そして時は来た

アサギをよぶ声 そして時は来た

作:森川成美
絵:スカイエマ

目的の「とが村」にたどりついたアサギは、偶然にもタケと出会い、サコねえも生き口になったことを知る。消息がわからないハヤをさがすアサギだったが、そんな彼女を過酷な運命が待ち受けていた。「アサギをよぶ声」シリーズ、堂々の完結編。

サイズ(判型)
20cm×14cm
ページ数
238ページ
発売日
2015年 11月
ISBN
978-4-03-635830-4
Cコード
C8393
NDC
913

定価: ¥1,512

【在庫○】

  • 全国の書店、または下記ネット書店などでご購入ください。

    ※右上の赤字は、小社の在庫状況です。在庫や取扱いの状況は書店によって異なります。

 

メッセージ・感想

著者より

★刊行時に寄せられたメッセージです★
応援いただいたおかげで、いよいよ完結編にこぎつけました。 アサギのまわりの世界も、だんだん明らかになってきました。地図も二巻に比べ、黒々としていると思います。
一巻では戦士になれずがっかりしていたアサギですが、彼女の運命を書きすすんでゆくうちに、そうだよね、そのとおりだよね、と思えるようなことをあちらから言ってくれました。著者としては、アサギが確かに生きてきたと実感できた、幸せな瞬間でした。
どうぞお手にとって、アサギの気持ちを受けとめていただければ幸いです。

編集者より

傷つき悩みながらも必死に生きようとするアサギの姿は、現代の若者たちへのエールでもあります。

読者の皆様からのご感想

このシリーズの第1巻を読んでとても面白かったので、1巻ずつ買いました。私はこの春中学校に入学したのですが、知らない友達ばかりで緊張していたとき、この本にある「なにもないところから、はじめることのできる自分の力を信じる」(アサギをよぶ声 第1巻)という言葉にすごく励まされ、アサギのように挑戦してみよう!と思いました。このような本を出版してくださってありがとうございました!!(12歳女の子/愛読者はがきより)

 

森川成美

森川成美

東京都在住。大分県出身。東京大学法学部卒業。2009年「アオダイショウの日々」で、第18回小川未明文学賞優秀賞受賞。作品に、『くもの ちゅいえこ』、共著に『ちょーコワ!最凶怪談』、『こわい!闇玉』、『プリンセスがいっぱい 5つのお話』などがある。日本児童文学者協会、日本児童文芸家協会会員、『季節風』同人。

この著者の書籍一覧を見る

スカイエマ

スカイエマ

神奈川県在住。児童書・文芸書の装画や挿絵、新聞・雑誌の挿絵などを幅広く手がける。作品に「ひかる!」シリーズ)、『光車よ、まわれ!』『ぼくとあいつのラストラン』『林業少年』など多数。

この著者の書籍一覧を見る