情報: あなたのブラウザはクッキーを許可していません。商品をカートの中に入れて購入するには、クッキーを有効にする必要があります。

軽装版偕成社ポッシュ
軽装版 炎路を行く者 ―守り人作品集―

軽装版 炎路を行く者 ―守り人作品集―

作:上橋菜穂子
絵:二木真希子
絵:佐竹美保

軽装版、守り人作品集

「守り人」シリーズで、タルシュの密偵(ターク)となって活躍したヒュウゴ。そのヒュウゴが、ヨゴ国の軍人の家庭に生まれながら、なぜタルシュ国の密偵になったのかを描く「炎路の旅人」と、バルサの少女時代を描く「十五の我には」の二作品を収録。番外編にあたる守り人作品集です。
絵は「炎路の旅人」が佐竹美保さん、「十五の我には」が二木真希子さんです。

サイズ(判型)
19cm×13cm
ページ数
301ページ
発売日
2014年 11月
ISBN
978-4-03-750150-1
Cコード
C8393
NDC
913

定価: ¥972

【在庫○】

  • 電子書籍あり
  • 全国の書店、または下記ネット書店などでご購入ください。

    ※右上の赤字は、小社の在庫状況です。在庫や取扱いの状況は書店によって異なります。

 

「守り人」シリーズ特設サイト

  • “「守り人」特設サイト” width=220” height=

他の判型

通常版

 

メッセージ・感想

読者の皆様からのご感想

小さい頃から守り人シリーズが大好きで、ずっと読み続けています。今回久しぶりに守り人の世界に触れて、懐かしさとその壮大な世界観に何度目か分からない感銘を受けました。
ヒュウゴとバルサ、二人の子供時代、家族のような人々との暖かな触れ合いや運命への嘆き、それに向かって行く強さを存分に感じられる大変素敵な作品でした。またいつか守り人の作品をもっと楽しめることを期待しております。(愛読者ハガキより)

昨年の夏に友人から「守り人」シリーズをすすめられ、子どもの本に何を思い熱く語っているの!とあきれながら手にしたらすぐに引き込まれ10巻読了。なぜヒュウゴが敵なのにチャグムを助けるのだ––––と裏切り者?コウモリ?何なんだともやもやしていました。また友人が「ヒュウゴにスポットのあたった続編」のことを教えてくれ予約しました。その日のうちに読了し、ヒュウゴの思いとともに感動の波が止みません。震災後の私の中にはっきりとした希望が形となるそんなすばらしい本です。多くの人に読んで感じてもらいたいと思います。(愛読者ハガキより)

全巻読み終えました。上橋作品は他も多分?全部読んでいます。それぞれの人物設定のみごとさ、端役にいたるまで性格付けされ、動き、心理、偏らず在りのまま、舌を巻いています。敵であっても憎しみに陥らぬ書き方、困難に遭っても崩れない人物を描いていて、感嘆するばかりです。どうやったら書けるのかしら、と思います。屈折のある人物、ジンとかヒュウゴとか好きです。わたしは幼少時に病床に伏し、車いす生活40年、文学少女で、現在も文学おばさんしています。文学少女のときに、絶対読みたかった作品です。近くの友人たちへ、推薦したり貸して読ませています。次の作も楽しみにしています。ありがとうございました!(くらら)

噂…というか都市伝説のようですが、『炎路を行く者』という作品がある…だけど出版されていない…というのは知っていました。これだったのですね!とても楽しみです。早く本屋さんに並ばないかなぁ。。。(fantasy)

守り人、旅人、流れ、炎路を行く者、みんなに憧れます。ですが、憧れると、自分から逃げて憧れに頼りたくなります。ヒュウゴのように強く、変化へ挑める自分を求めていきたいです。15ですが、考え、言葉、行動の矛盾に項垂れることはしばしば……むずかしいですね! 負けじに強さを目指します。(15歳女性・愛読者はがきより)

 

上橋菜穂子

上橋菜穂子

立教大学博士課程単位取得(文学博士)。専攻は文化人類学。オーストラリアの先住民であるアボリジニを研究。女子栄養大学助手を経て、現在川村学園女子大学特任教授。『精霊の守り人』(野間児童文芸新人賞、産経児童出版文化賞、アメリカ図書館協会バチェルダー賞)『闇の守り人』(日本児童文学者協会賞)『夢の守り人』(前2作とあわせ路傍の石文学賞)『神の守り人<来訪編><帰還編>』(小学館児童出版文化賞)など12巻からなる代表作「守り人」シリーズは、内外から高い評価を得ている。そのほかの著書に『精霊の木』『月の森に、カミよ眠れ』(日本児童文学者協会新人賞)『狐笛のかなた』(野間児童文芸賞)『獣の奏者』『鹿の王』(本屋大賞、日本医療小説大賞)などがある。2002年に巌谷小波文芸賞、2014年に国際アンデルセン賞作家賞を受賞。

この著者の書籍一覧を見る

二木真希子

二木真希子

愛知教育大学美術課程を卒業。スタジオジブリでアニメーション原画を担当したのち、フリーとなる。著書に『世界の真ん中の木』、絵本に『はじめてのたび』『はじめてのともだち』など、挿絵に『精霊の守り人』『闇の守り人』『夢の守り人』『神の守り人』『天と地の守り人』『流れ行く者』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

佐竹美保

佐竹美保

デザイン科を卒業後、上京。SF・ファンタジーの分野で多数の作品を手がける。主な仕事に『虚空の旅人』『蒼路の旅人』『不思議を売る男』『宝島』『幽霊の恋人たち』『西遊記』『フランダースの犬』『魔法使いハウルと火の悪魔』『ローワンと魔法の地図』などがある。

この著者の書籍一覧を見る