情報: あなたのブラウザはクッキーを許可していません。商品をカートの中に入れて購入するには、クッキーを有効にする必要があります。

ふしぎ駄菓子屋 銭天堂

ふしぎ駄菓子屋 銭天堂
ふしぎ駄菓子屋 銭天堂

作:廣嶋玲子
絵:jyajya

駄菓子屋を舞台にした不思議なお話 全6話

ふしぎな駄菓子屋で売っているふしぎな駄菓子が持つパワーとは?女主人紅子が、きょうもお客さんの運命を駄菓子で翻弄する。

サイズ(判型)
19cm×13cm(ソフトカバー)
ページ数
150ページ
発売日
2013年 05月
ISBN
978-4-03-635610-2
Cコード
C8393
NDC
913

定価: ¥972

【在庫○】

  • 全国の書店、または下記ネット書店などでご購入ください。

    ※右上の赤字は、小社の在庫状況です。在庫や取扱いの状況は書店によって異なります。

 

メッセージ・感想

読者の皆様からのご感想

学校の読書会で『ふしぎ駄菓子屋銭天堂』の事を知り、本を買いました!どのお話も、凄く面白くて『カリスマボンボン』は、とても面白かったです。学校に持って行くと皆で、取り合いになりました!本当にこんなお菓子が、あったらいいな~と、思ったりしました!(あーたん)

インターネットのサイトでおもしろいとかかれていたので注文しました。8歳の子どもが先に読み、私も読みましたが、とてもおもしろく親子でハマってしまいました!!つづきがあるようなので毎月のおこづかいで買う!と子どもは楽しみにしております。私自身も楽しみです。絵もとても内容とあっていてよかったと思います。この本に出会えてよかったです!(8歳男の子のお母様/愛読者はがきより) 6歳の小学一年生の息子と毎晩寝る前に読んでます。息子も私も、この本が大好きで、3巻まで持ってます。この本が、これからも、どんどん出ますよう、息子共々願ってます。4巻を待ってます!5巻も待ってます!!!テレビ化されても良いと思います!!とっても面白く、わくわくドキドキする本です。(紅子さん)

すごくおもしろくてゆめのような話だと思いました。本当に銭天堂があったらいいなと思いました。この本で私は特に「型ぬき人魚グミ」があったらいいなと思いました。このおかしが本当にあったら、注意をちゃんとよみたいと思います。(愛読者はがきより)

 

廣嶋玲子

廣嶋玲子

神奈川県生まれ。『水妖の森』で、ジュニア冒険小説大賞受賞。これまでの作品に『送り人の娘』『火鍛冶の娘』『盗角妖伝』『ゆうれい猫ふくこさん』『魂を追う者たち』「はんぴらり」シリーズ、「鬼ヶ辻にあやかしあり」シリーズがある。

この著者の書籍一覧を見る

jyajya

jyajya

福岡県生まれ。モバイル事業を中心とした会社で、アプリ制作、コンテンツ制作、サイト運営に携わる。2011年にフリーデザイナーとして独立。現在は、イラスト制作などで、活躍の場を広げている。

この著者の書籍一覧を見る