情報: あなたのブラウザはクッキーを許可していません。商品をカートの中に入れて購入するには、クッキーを有効にする必要があります。

ホラー横丁13番地 6
狼男の爪

狼男の爪

作:トミー・ドンババンド
絵:ヒョーゴノスケ
訳:伏見 操 (ふしみみさを)

英国で大人気のホラーコメディ!

いよいよゴール間近のルーク。しかし最後の聖遺物を手に入れるためには、ある大きな犠牲を払わなければならないことを知る…。

サイズ(判型)
19cm×13cm (ソフトカバー)
ページ数
180ページ
発売日
2012年 03月
ISBN
978-4-03-521760-2
Cコード
C8397
NDC
933

定価: ¥972

【在庫○】

  • この本を立ち読みする
  • 全国の書店、または下記ネット書店などでご購入ください。

    ※右上の赤字は、小社の在庫状況です。在庫や取扱いの状況は書店によって異なります。

 

トミー・ドンババンド

トミー・ドンババンド

イギリス・リヴァプール生まれ。学生時代に演劇に目覚め、卒業後はエンターテイナー、俳優、放送作家、ラジオのコメンテーターなど様々な職に従事。現在は子どもの本の作家として執筆に専念し、「ホラー横丁13番地」シリーズなどをはじめとするシリーズ作品で人気を博している。

この著者の書籍一覧を見る

ヒョーゴノスケ

ヒョーゴノスケ

広島県出身。神奈川県在住。16歳の時「週刊少年ジャンプ」にて漫画家デビュー後、漫画家アシスタントを経てゲーム業界へ転身。現在はイラストレーションの仕事や、テレビゲームのアートディレクション、自主制作ゲームの配信など、幅広い活動を展開している。

この著者の書籍一覧を見る

伏見 操 (ふしみみさを)

伏見 操 (ふしみみさを)

埼玉県生まれ。上智大学文学部仏文科卒。洋書絵本卸会社などを経て、フランス語・英語を中心に子どもの本の翻訳や紹介につとめている。主な訳書に、絵本『どうぶつにふくをきせてはいけません』『バスの女運転手』『せんをたどって』、読み物『殺人者の涙』「トビー・ロルネン」シリーズ、ノンフィクション「10代の哲学さんぽ」シリーズなど多数。

この著者の書籍一覧を見る