情報: あなたのブラウザはクッキーを許可していません。商品をカートの中に入れて購入するには、クッキーを有効にする必要があります。

絵本・日本むかし話
ないた あかおに

ないた あかおに

文:浜田廣介
絵:池田龍雄

村人となかよくしたい赤おにと、そのねがいをかなえてやろうと、自分が悪者になる青おに。おに同士の友情を感動的に描きます。

サイズ(判型)
27cm×21cm
ページ数
34ページ
発売日
1965年 12月
ISBN
978-4-03-302020-4
Cコード
C8793
NDC
-

定価: ¥1,080

【在庫○】

  • 全国の書店、または下記ネット書店などでご購入ください。

    ※右上の赤字は、小社の在庫状況です。在庫や取扱いの状況は書店によって異なります。

 

浜田廣介

浜田廣介

1893年山形県に生まれる。早稲田大学英文科卒業。在学中より童話を発表。以後多くの作品を書きつづけ「ひろすけ童話」として親しまれる。1973年没。著書に『むくどりのゆめ』『一つのねがい』『りゅうの目のなみだ』『泣いた赤おに』『第三のさら』など多数。

この著者の書籍一覧を見る

池田龍雄

池田龍雄

1928年佐賀県生まれ。多摩美術学校終了。1949年から安部公房、岡本太郎らのアバンギャルド芸術運動に参加し、その後も前衛活動を続ける。児童書では装丁・さし絵で活躍。おもな作品に『ないたあかおに』『宝島』『三びきのやぎのがらがらどん』『首なし地ぞうの宝』などがある。

この著者の書籍一覧を見る