情報: あなたのブラウザはクッキーを許可していません。商品をカートの中に入れて購入するには、クッキーを有効にする必要があります。

「おれたち、ともだち!」絵本 8
ともだち おまじない

ともだち おまじない
ともだち おまじない

作:内田麟太郎
絵:降矢なな

ともだちがほしい人にだけきく素敵なおまじない! 五七五のリズムにのってページを繰れば、きっとともだちができるはずです。

サイズ(判型)
25cm×21cm
ページ数
48ページ
発売日
2006年 11月
ISBN
978-4-03-232220-0
Cコード
C8793
NDC
726

定価: ¥1,296

【在庫○】

  • 全国の書店、または下記ネット書店などでご購入ください。

    ※右上の赤字は、小社の在庫状況です。在庫や取扱いの状況は書店によって異なります。

 

メッセージ・感想

著者より

★刊行時に寄せられたメッセージです

 内田麟太郎さんとのコンビ“おれたち ともだち!”シリーズも8巻目です。このシリーズ、巻を重ねるうちにフツフツと、私の頭の中には主人公たちのウラ話が湧きだし、漂いはじめました。それらは瑣末なエピソードで、1冊の絵本の中にドーンとそびえる物語の樹の皮に勝手に生えてきてしまった小さなキノコたちみたいなもので、基本的には絵本の中に描かなくてもよい・・・・・・むしろ描きすぎてしまうと肝心の樹がなえてしまう危険性のある類のものです。でも反面、こういうもの達が育ち出すことで物語の世界の密度は濃くなり、確かなものになっていきます。そして主人公たちが生き生きと動き出すのです。時にはそうした主人公たちに導かれて、作者の私のほうが思わぬユニークな絵を描かせてもらったりします。ホントです。
 えっ? ウラ話を聞きたいのですか? えーとですね・・・・・・たとえば、キツネがデビューにあたり「ともだちや」コスチュームのデザイン画を256枚も描いていたとか、オオカミの好物は実は肉ではなくキツネの作るいなりずしだったとか、ヘビはパリまで行ったが道に迷ってルーヴル美術館までたどり着けなかったとか・・・・・・。そういうことを「あーもっと描き込みたいな」「誰かに見せて笑わせたいな」と思いつつ、しかし物語の樹を守るために、私は自分を抑え(ある程度)、筆のすべりをコントロールして(ある程度)、シリーズ7巻までまじめに描いてきました。
 そんな自粛の栓をフニャリとゆるめてくれたのが、8巻目用の内田さんからのテキストです。とぼけた味の川柳が112句もありました。だけど絵本のページ数には制限があります。泣く泣く41句にしぼり、絵本にまとめたのがこの「ともだちおまじない」なのです。 おまじないを唱えつつ、主人公たちのウラ話に笑ってください。そして読者の皆さんの中に“おれたち ともだち!”の世界が豊かに育っていってくれたら、私はうれしいです。(降矢なな)

 

内田麟太郎

内田麟太郎

1941年福岡県大牟田市生まれ。個性的な文体で独自の世界を展開。『さかさまライオン』で絵本にっぽん賞受賞、『がたごとがたごと』『すやすやタヌキがねていたら』で日本絵本賞受賞、『うそつきのつき』で小学館児童出版文化賞受賞。詩集『ぼくたちはな く』で三越左千夫少年詩賞受賞。ほかの主な作品は「ワニぼう」シリーズ、『十二支のおはなし』、「おれたち、ともだち!」シリーズなど多数。

この著者の書籍一覧を見る

降矢なな

降矢なな

1961年東京生まれ。スロヴァキア共和国のブラチスラヴァ美術大学で石版画を学ぶ。和洋両方の味を合わせ持った独特の画風。主な作品に『めっきら もっきらどおんどん』『きょだいなきょだいな』『おっきょちゃんとかっぱ』『まゆとりゅう』『いそっぷのおはなし』、「おれたち、ともだち!」シリーズなど多数。

この著者の書籍一覧を見る