情報: あなたのブラウザはクッキーを許可していません。商品をカートの中に入れて購入するには、クッキーを有効にする必要があります。

世界の絵本
うんちしたのは だれよ!

うんちしたのは だれよ!
うんちしたのは だれよ!

文:ヴェルナー・ホルツヴァルト
絵:ヴォルフ・エールブルッフ
訳:関口裕昭

ある日もぐらくんの頭にうんちが落下! おこったもぐらくんは? ナンセンスで奇想天外な事件をユーモアたっぷりに描いた絵本。

受賞歴
国際アンデルセン賞・画家賞(2006)
サイズ(判型)
22cm×30cm
ページ数
24ページ
発売日
1993年 11月
ISBN
978-4-03-961130-7
Cコード
C8797
NDC
726

定価: ¥1,404

【在庫○】

  • 全国の書店、または下記ネット書店などでご購入ください。

    ※右上の赤字は、小社の在庫状況です。在庫や取扱いの状況は書店によって異なります。

 

メッセージ・感想

読者の皆様からのご感想

 幼児はうんちがだーいすき。そんな「うんち!」といって笑い転げている子には「だめよ」と言う前にこの本を。娘が3歳の時に購入しましたが、以来この本は大のお気に入りです。なんといっても、絵が素晴らしく、いろんなウンチがでてきますが、、、ヤギのウンチは美味しそう!?っというのもわかる気が。3歳には少し長めですが、なんといっても大好きなうんちと、気になる犯人。親子でわっはっは!!と楽しめて、絵本が大好きになります。(みー)

 

ヴェルナー・ホルツヴァルト

ヴェルナー・ホルツヴァルト

1947年、ヴィネンデン(ドイツ)に生まれる。広告の世界でコピーライターおよびディレクターとして活動した後、1980年より雑誌記者としてボリビアに2年あまり滞在する。帰国して広告の仕事に戻り、仲間とともに広告代理店を設立する。

この著者の書籍一覧を見る

ヴォルフ・エールブルッフ

ヴォルフ・エールブルッフ

1948年、ヴッパタール(ドイツ)に生まれる。雑誌や広告のイラストレーターとして活躍。1985年より絵本の仕事を始める。1993年『クマがふしぎにおもってたこと』でドイツ児童文学賞を受賞。2003年、それまでの作品と功績に対し、ドイツ児童文学特別賞が、2006年には国際アンデルセン賞画家賞が贈られている。邦訳に『マイヤー夫人のしんぱいのたねは?』『レオナルド』『うんちしたのはだれよ!』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

関口裕昭

関口裕昭

大阪に生まれる。慶応義塾大学大学院博士課程修了。明治大学情報コミュニケーション学部准教授。現代ドイツ文学を研究。著書に『評伝パウル・ツェラン』など、絵本の翻訳に『ちょっとまって、きつねさん!』『空の飛び方』などがある。

この著者の書籍一覧を見る