情報: あなたのブラウザはクッキーを許可していません。商品をカートの中に入れて購入するには、クッキーを有効にする必要があります。

偕成社の創作
ぼくのお姉さん

ぼくのお姉さん

作:丘修三
絵:かみやしん

ダウン症のお姉さんの初めてのお給料が家族に小さな奇跡をもたらす。障害をもつ子どもにまつわる物語を6編収録した短編集。

受賞歴
日本児童文学者協会新人賞(1987)
厚生省中央児童福祉審議会・特別推薦(1987)
サイズ(判型)
22cm×16cm
ページ数
182ページ
発売日
1986年 12月
ISBN
978-4-03-635310-1
Cコード
C8393
NDC
913

定価: ¥1,296

【在庫○】

  • 全国の書店、または下記ネット書店などでご購入ください。

    ※右上の赤字は、小社の在庫状況です。在庫や取扱いの状況は書店によって異なります。

 

他の判型

偕成社文庫

 

丘修三

丘修三

1941年生まれ、熊本で幼少期をすごす。東京学芸大学、東京教育大学で、障害児教育を学ぶ。著書に『ぼくのお姉さん』で坪田譲治文学賞・新見南吉児童文学賞・日本児童文学者協会新人賞を受賞。ほかに『風にふかれて』『少年の日々』『口で歩く』『福の神になった少年』など多数。

この著者の書籍一覧を見る

かみやしん

かみやしん

1942年、東京に生まれる。リュブリャナ国際版画ビエンナーレ、プラッドフォード国際版画ビエンナーレで受賞。版画、コラージュ、立体などによる抽象作品を制作する。書籍の作品として、『ねこもあるけば』『百年の蝉』「ことばあそび㈵㈼㈽」など多数。『ぼくのお姉さん』で赤い鳥さし絵賞を受賞。

この著者の書籍一覧を見る