情報: あなたのブラウザはクッキーを許可していません。商品をカートの中に入れて購入するには、クッキーを有効にする必要があります。

翻訳文学
海賊の息子

海賊の息子

作:ジェラルディン・マコックラン
絵:佐竹美保
訳:上原里佳

海賊にあこがれる少年が見た彼らの暮らしとは? 8世紀のイギリスを舞台に、作者マコックランが放つ異色の海洋冒険小説。

受賞歴
日本図書館協会選定図書
サイズ(判型)
22cm×16cm
ページ数
375ページ
発売日
2006年 07月
ISBN
978-4-03-540450-7
Cコード
C8397
NDC
933

定価: ¥1,728

【在庫○】

  • 全国の書店、または下記ネット書店などでご購入ください。

    ※右上の赤字は、小社の在庫状況です。在庫や取扱いの状況は書店によって異なります。

 

ジェラルディン・マコックラン

ジェラルディン・マコックラン

1951年、イギリスに生まれる。本名ジェラルディン・ジョーンズ。出版社につとめたのち、作家となる。作品に『ジャッコ・グリーンの伝説』『海賊の息子』『空からおちてきた男』『ペッパー・ルーと死の天使』など多数。また翻案作品に『シェイクスピア物語集』がある。『不思議を売る男』でカーネギー賞とガーディアン賞を同時受賞。

この著者の書籍一覧を見る

佐竹美保

佐竹美保

デザイン科を卒業後、上京。SF・ファンタジーの分野で多数の作品を手がける。主な仕事に『虚空の旅人』『蒼路の旅人』『不思議を売る男』『宝島』『幽霊の恋人たち』『西遊記』『フランダースの犬』『魔法使いハウルと火の悪魔』『ローワンと魔法の地図』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

上原里佳

上原里佳

東京生まれ。お茶の水女子大学卒業、青山学院大学大学院修了(MBA取得)。現在聖学院大学非常勤講師(欧米児童文化担当)。『だから読まずにいられない』『暗くなるまで夢中で読んで』(共著)、訳書に『海賊の息子』がある。

この著者の書籍一覧を見る