情報: あなたのブラウザはクッキーを許可していません。商品をカートの中に入れて購入するには、クッキーを有効にする必要があります。

著者紹介

秋山幸也

神奈川県生まれ。相模原市立博物館学芸員(生物担当)。小学校低学年のころ、家にあった図鑑を見ながら、お絵かき帳に鳥の絵を描いて遊んでいました。しばらくして、庭に自分が描いたのと同じ鳥がきているのに気づきました。その鳥が「シジュウカラ」だということは、図鑑の種名もいっしょに書き写していたので、すぐにわかりました。生きものの名前を、だれにも教わらずにわかったことに、とても感動しました。そのうち、シジュウカラがイモムシをさがして食べるすがたを夢中で見るようになりました。それが、はじめての自然観察の記憶です。それ以来、野生の生きものたちのしぐさを楽しく観察しつづけています。著書に『アマガエルのヒミツ』など。