情報: あなたのブラウザはクッキーを許可していません。商品をカートの中に入れて購入するには、クッキーを有効にする必要があります。

著者紹介

有島武郎

1878東京に生まれる。1901年札幌農学校(現在の北海道大学農学部)卒業。のちアメリカへ留学、帰国後、武者小路実篤らと知り合い、東北帝国大学農科大学(現在の北海道大学)で教鞭をとるかたわら、雑誌「白樺」の同人となり作品を発表し続けた。1923年軽井沢の別荘で自殺。代表作に『或る女』『生れ出づる悩み』『小さき者へ』などがある。