情報: あなたのブラウザはクッキーを許可していません。商品をカートの中に入れて購入するには、クッキーを有効にする必要があります。

著者紹介

岩瀬成子

1950年、山口県に生まれる。77年に『朝はだんだん見えてくる』でデビュー。同作品で日本児童文学者協会新人賞を受賞。92年に『「うそじゃないよ」と谷川くんはいった』で小学館文学賞、産経児童出版文化賞を受賞。95年に『ステゴザウルス』『迷い鳥とぶ』の2作により、路傍の石文学賞を受賞。2008年に『そのぬくもりはきえない』で日本児童文学者協会賞を受賞。そのほかの作品に『もうちょっとだけ子どもでいよう』『アルマジロのしっぽ』『となりのこども』『オール・マイ・ラヴィング』『まつりちゃん』『だれにもいえない』、エッセイ『二十歳だった頃』などがある。