icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

写真で見る 星と伝説 秋と冬の星

画像を拡大する

写真で見る 星と伝説 秋と冬の星

作: 野尻抱影

写真: 八板康麿

イラスト: てづかあけみ

対象年齢 小学校低学年から
ジャンル 知識の本 > 理科に役立つ本
サイズ(判型) 25cm×19cm
ページ数 128
ISBN 978-4-03-509050-2
NDC 440
発売日 2017年9月

定価: 1,728

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

人々は大昔から星の美しさに魅了され、さまざまな物語を生み出してきました。星の文人とよばれた巨匠、野尻抱影による星の伝説に、美しい写真とイラストが加わりました。ギリシャ、日本、中国など世界各地に伝わる、秋と冬に見られる星座のお話が9編。
それぞれの星座のくわしい解説、見つけ方なども掲載。
※『星と伝説』(偕成社・刊)を底本としています。

著者紹介

野尻抱影

1885年神奈川県に生まれる。早稲田大学英文科卒業。東西諸民族の星の研究家として有名。『星座の話』『天体と宇宙』など、児童向け図書も多数ある。1977年10月没。

この著者の書籍一覧を見る

八板康麿

東京生まれ。写真家。少年のころ、アポロ11号の宇宙中継を見て、宇宙に興味を持つ。日本大学芸術学部写真学科卒業後、出版社を経て、カメラマンに。著書に『オリオン』『スプーンぼしとおっぱいぼし』『オーロラ』『天空』『星座・星雲・星団ガイドブック』『都会で星空ウォッチング』『星と宇宙のふしぎ109』など。1983年、日本写真家協会大賞受賞。1995年、日本絵本賞受賞。

この著者の書籍一覧を見る

関連書籍